一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2011/12/07

本日は今年最後の納会でした。
野瀬師範、大月部長、寺田先輩に御参加頂きました。

三商戦の後、しばらくゆっくり話をする時間が無かった気がしますが、本日の納会を機に、皆ですき焼きを囲み、久々にしばしの歓談を楽しみました。

久々にしばしの歓談を楽しんだ後、各自今年の振り返りと決意表明を行いました。

振り返ってみると、私はこの年、数えきれない選択をしてきたとと思います。
一橋大学受験の選択から、大学の科目履修の選択、入寮の選択、AUにするかドコモにするかの選択、スタ丼を食べるか、海鮮丼を食べるかの選択まで。

大した事のない選択から、重要となる選択まで、数えきれないぐらいの選択をしてきたのです。

そして、今年私が行ったすべての選択の中、最も素晴らしい選択は何かと自分自身に問うてみました。

その答えを出すまでは僅かな時間がかかりましたが、一橋大学柔道部に入部したことという結論に辿り着きました。

そこには、間違いなく多くの理由があるはずです。しかし、幾ら素晴らしいまたは多様な語彙を使わせて頂いても、その理由は何故か言葉では表せ切れない気がします。

各自決意表明の後、野瀬師範から、「仲間というものは、一生の繋がりである。」という誠に心強いお言葉を頂きました。
野瀬師範に頂いた御言葉の通り、私は一橋大学柔道部に入り、素晴らしい仲間に出会うことが出来ました。そして、彼らから数え切れない多くのことを教えて頂きました。このことは間違いなく、私がこれから生きていく人生の大きな宝となるでしょう。

このこともまた間違いなく、一橋大学柔道部に入部したことが最も素晴らしい選択だと言うことの大きな理由の一つとなります。

一橋大学を目標とする受験生の皆様、一橋大学にいらっしゃいましたら、是非有備館へお越しください。その踏み出しは間違いなく、あなたの人生を大きく変えると自負します!

1年 閔 永基
関連記事
スポンサーサイト

| 日誌 | 00:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/274-4b2ae32b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT