一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2011年(秋学期)振り返り

年末年始、部員は有備館に残り柔道修行に励むもの、別人のように成長した姿で故郷に錦を飾るものなど色々です。

色々あった2011年、8月以降の振返りです。

<8月>
テストを筋力と胆力で軽々と突破し、三商大戦の近づきを感じつつ稽古に励みました。
夏季休暇を利用して他大学との交流を深めました。
合同稽古を東京大学、千葉大学と実施。
東大との稽古で、寝技主体の「七帝柔道」を初めて目の当たりした一年生が多く、新鮮で刺激的な経験となりました。
千葉大には実力差を見せつけられ、今後にむけ身の引き締まる経験ができました。

月末には京大の門を叩き、合同合宿。朝も昼も寝技の寝技まみれの4日間でした。かつては寝技の名門と呼ばれたものの近年その伝統継承がおぼつかなくなっていた一橋にとって、原点回帰のきっかけを掴めた貴重な機会となりました。京大勢の研究、思考、そして妥協のない基本の反復には学ぶべきところが数多くありました。

また先生、先輩方のご支援を仰いで、震災影響で3月実施を見送っていた高校生招待試合「有備館杯」を開催できました。試合は盛況のうちに、無事に終えることができ、数多くの一橋柔道部志望者と出会うこともできました。また招待したものの「光栄ながら土曜は授業実施なので」とご辞退の回答をいただいた学校も多く、スケジュール面では改善の余地を残しましたので、今後に活かしていきたいと思います。

<9月>
府中刑務所での昇段審査を突破した4名が初段昇段を認められました。柔友会から頂戴した黒帯をつけて鏡で見てはウットリ自己陶酔。ただ見かけ倒しではなく、彼らは超短期間の修行にもかかわらず実際に黒帯に見合う実力をつけてくれました(若干偏った方向に、ですがそこはご愛嬌)。

下旬には第一次三商大合宿が始まりました。三商大戦に向けてぐんと負荷を上げ、廃れてしまっていた過去のトレーニングメニューも先輩方に伺って復活させながら、徹底的に強化しました。一年生にとっては相当きつかったと思いますが、若干手前味噌ながら四年生が皆あまり悩まない明るく朗らかな性格であったことが奏功し、皆えへらえへら笑いながら誰一人脱落せず乗り切ってくれました。

<10月>
第二次、第三次三商大合宿を行いました。一年生の成長が顕著でした。どんな姿勢からでも徹底して脚を入れてくる丸山、執拗に前三角を狙うチーハオなど、この頃を境に各々がスタイルを掴み、更に伸ばしてきました。

<11月>
第四次三商大合宿。最終日には小沢杯新人戦、OB戦を行いました。小沢杯は板羽が優勝、体力と頭脳を兼ね備えた大器として実力を見せてくれ、また準優勝のミンを始め皆の著しい成長が確認できました。
OB戦ではチーハオが大活躍で、先輩方からは「半年でここまで成長した代を見たことがない」という嬉しいお言葉を頂きました。

そして、11月23日集大成となる旧三商大戦を迎えました。とくに市大戦では優勢に試合をすすめ敵を土俵際まで追い込んだものの、大将奥本君の壁を突破できず、6年連続の3位に終わりました。四年生が抜け、新二年生以下での戦いとなる来年も、奥本君や神戸大の主力選手が立ちはだかっており厳しい状況が続くものと思われますが、更に仲間を集め、我々のCore Competenciesである団結力と成長力を最大限に発揮して必ず勝利をものにしたいと思います。

<12月>
三商大戦をもって志田原先輩と山田、丹羽、山岸が引退。板羽主将率いる新体制となりました。民主的手続きで選ばれた副主将は丸山。白帯で入部してからわずか7ヶ月で、111年の伝統を誇る一橋柔道部の副主将を射止めた丸山には、「今太閤」の称号が与えられました。

納会後は長期の冬オフとなりますが、酷寒の季節になっても千葉大、横浜国立大への出稽古を行う等精力的に活動しております。
また修行と並行して、来年の新歓活動にむけた準備、受験生の合格祈願も魂を込めて行っております。


振り返れば、秋学期は、あっという間でした。本当に楽しい、オリバーソースのように濃い五ヶ月間でした。
2012年は更なる飛躍の年にしたいと思います。

一橋大学柔道部に関わる全ての皆様、本年は大変お世話になりました。来年もよろしくお願い致します。


四年 山田 拳
関連記事
スポンサーサイト

| 日誌 | 10:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/286-bf890a6e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT