一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

柔道部に入部して(4)

(平成23年度一橋大学柔道部報「一道」より抜粋)
一年生の感想や入部の経緯を綴った文章(入部後2ヶ月目のもの)を何篇かご紹介いたします。
一橋柔道部入部をご検討中の皆様に、参考にしていただければと思います。

(充実柔道生活)   1年 T.F

 かねがね「大学生は暇である」ということをこれまでに現役で合格した友人達から嫌というほど聞かされて来たのであるが、それは少なくとも自身にとってはまったくの「噂」でしかなかった。その要因は端的に、この素晴らしき一橋柔道部にある。
 私は小・中・高と約8年間近く野球をやっていたが、大学では心機一転、柔道部に入部した。柔道部に入った理由としては、部の先輩・雰囲気が素晴らしかったことや、柔道部員であれば寮では経験できない「広い浴槽での入浴」が可能であること、さらに格闘技をやってみたかったことが挙げられる。もちろん柔道の経験としては、今まで学校で行われた体育でしかやったことがなく、まったくの初心者である。しかしながら、「一本」ないし「技有」を取るために多種多様な技を織り交ぜつつ相手と戦うには、単に筋力の強さによるものだけでなく、頭をも使う必要があるためにこの上なく面白いと思う。また長年やってきた野球との対比で論じるならば、野球はバントや犠牲フライといったものの存在に代表されるように良くも悪くもあくまで「団体戦」であり、その日の天気・風向・グランドコンディション・使用される道具などにも大きく左右される「流動的」なスポーツであるのに対し、柔道は畳の上ではれっきとした「個人戦」であり(三商大戦での「分け役」も極めて重要であるのは知っているが・・・)もちろんその日によって調子は異なるが、すべて「体が資本」で、強い奴はやっぱりとことん強いスポーツであると初心者ながらに思う。
 白帯(注:執筆当時)の無意味な「野球・柔道論」はさておき、せっかくの機会なので抱負を述べさせていただくならば、とりあえずこの一年はストイックに柔道に励みたいと思っている。稽古の時間はもちろん、稽古外のときでも時間を見つけて先輩・同期と積極的に技の研究を行い、個人でも先輩から寄贈された本・DVDなどのメディアも駆使しながら知識を増やしていきたい。そして、それを単なる自己満足に終わらせず、三商大戦という舞台で少しでも良い結果を出せるように貢献し、日頃から多大なるご指導、ご支援を頂いている師範・コーチ・OBの方々・先輩方に恩返しが出来ればと思っている。
 最後に、今後も決して今の恵まれた待遇を「当たり前」と思わずに、日々感謝の気持ちを持ちながら汗を流していきたい。(完)
関連記事
スポンサーサイト

| 柔道部に入部して | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/310-57513b9e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT