一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

柔道部に入部して(歴史編2)

「柔道部に入部して」歴史編として、歴代柔道部員が綴った入部の経緯や入部後の感想をご紹介いたします。
一橋柔道部入部をご検討中の皆様に、参考にしていただければと思います。

(競技ダンスから柔道に転向して)   S.O(OB 商学部2年時に執筆)

 私は日本では珍しい幼少時からの競技ダンス経験者であり、一浪して憧れの一橋大学に合格した時には、うら若き女性の息遣いが至近距離で味わえるあの甘美な世界に再び戻れるという喜びに満ち満ちておりました。入学式当日、きらびやかな衣装で着飾ったダンス部員は一際目立っており、時代の流れかかつてと比べようもないほど露出度が高く艶やかな女子部員のドレスは晴れの式典に華を添えているようで、私はああこの方々こそこれからの私のパートナーだと半ば感極まり、半ば好ましからざる妄想を膨らませてしまったことをここで正直に告白いたします。

 私は程なく東校舎体育館で練習中のダンス部を訪れましたが、すぐには入部しませんでした。自分が経験者であることは明かさずとりあえず体験に来た新入生ということにしたのです。見たところ一橋のダンスは相当レベルが高いようでした。しかし少年時代から鍛え込んだ私の踊りは失礼ながら全くレベルが違う。私は密かに大勢の女子部員を見比べながら、これと決めた方の眼前で突然に、できるだけ鮮やかに自らのステップを披露しようと企んだのです。そうすることでパートナーとなる女性の心を一気に射止めてしまいたい、若さゆえの邪な衝動を、私はどうしても抑えることができませんでした。私は幾人もの女子部員が親切に手を差し伸べ声をかけて下さったのを、「いえ、僕は、、、」などと口ごもりながらやり過ごしたのですが、心の中では「お前ちゃうねん!チェンジ!チェンジや!」と叫び続けておりました。先輩方が私の消極的な振舞いを「だよねー。最初は照れくさいよねー。でもやってみると気持ちいいよー」と好意的に解釈して下さったことには今更ながら良心の呵責を禁じ得ず、この場を借りてお詫び申し上げたいと思います。

 そしてついにその人は現れました。小柄ながら背筋のスッと伸びた色白の秋田美人。瞳はぱっちりと大きく睫毛も長く、AKBで言えば中西里菜さんのような麗しい3年生の女子部員りこさん(仮名)が私の前に立ち止まり「ちょっと踊ってみる?」と優しく微笑みかけてくれるではありませんか。ここだ!私は彼女の差し出す手を飛びつかんばかりの勢いで握り返し、流れてきたリズムに合わせていきなりパソドブレの高難度なステップで彼女をリードしようと目論んだのです。私の狙いは的中しました。彼女は一瞬息を飲み表情をこわばらせながらも、瞬時に状況を理解し、私のリードを全面的に信頼して身を委ねつつ情熱的なラテンの舞いを演じきってくれたのです。
 突然生まれたカップルのパフォーマンスに体育館は驚きと称賛の嘆声に包まれ、6、7組いた他のペアは自然とセンターを私たちの為に譲ってくれました。りこさんは激しいステップを正確に刻みながらも目を潤ませうっとりとした艶めかしい表情を浮かべ、いまや私と踊る喜びに酔いしれているのは隠しようもないことでした。私はあまりにも筋書き通りに事が運んだことに、些か有頂天になっていました。否、これで彼女は私のものだとさえ思ったのですから、得意の絶頂だったと申し上げるべきでありましょう。そう、あの視線に気づくまでは。

 一曲踊り終えて優しくりこさんの肩を抱き舞台を後にしようとしたそのとき、私は右斜め後方から注がれる刺すような視線を感じ、思わず振り返ったのです。それは体育館壁、膝下の位置に設けられた換気用の窓の一つでした。窓の外に身を屈める一人の壮年男性が、鋭い眼光を一直線に私たちのほうに向けていたのです。私は自らの邪心を見透かされたような気がして、思わず「ひぃ、お、オトーサマ?」と口走ってしまいました。それはしかし、敵対的攻撃的というのとは少し違っていて、ひたむきな、何かを掴み取ろうと必死な人間の真摯な眼差しというべきものだと感じ、私は落ち着きを取り戻すことができました。というのは、50歳は超えていると思われるその男性、80kg前後の巨躯と全身筋肉質の体格が只者ではないことを物語りつつも、表情自体は柔らかく、小さな眼鏡の奥の双眸にはっきりと溢れる知性が映し出されていたからなのです。「All Japan」のロゴが入ったジャージの上下を身にまとった野瀬清喜師範(講道館柔道八段、ロス五輪銅、マーストリヒト世界選手権銀メダリスト、当時全日本女子柔道ヘッドコーチ)との、それが私の出会いの瞬間でした。

 失礼ながら鈍感なダンス部の先輩達はただの「覗き」と認識したのでしょうか、不快感も露わな視線を投げつけ先生が立ち去るよう促しているようでした。私はと言えば、どうやら先生の視線が女子ではなく正確に私の動きを追っていることに気づくや、抱き寄せていたりこさんのことなどすっかり忘れ、吸い寄せられるように先生の方に歩みを進めていました。何故、僕を見るのですか――言葉遣いを知らぬ若輩者が発した失礼千万な問いかけに、先生は直接お答えにはならず、「君はラテンが得意か。タンゴはどうだ?」「たしなむ程度です」「バネがいいな。俺の内股を覚えれば、弐段くらいの選手は軽く投げられるように、なるんだ」私は意味もわからず絶句しこの日の会話は終わりました。ただこの得体の知れない、しかし魅力あふれる柔道家らしい人物から何かを期待されたらしいことが気にかかり翌日柔道場を訪れることにしたのです。それが、私の柔道部人生の第一日となることなど想像すらできぬままに。

 長々と書き連ねてしまい失礼いたしました。私がその日どのような経緯で一橋柔道部に身を投じる決断をしたのかについては、ここで詳しくは語りますまい。拙文をお読み頂いた皆様には、私が当初の思惑と殆ど正反対とも思える大学生活を送っていることについて、今あらゆる角度から振り返ってみたとしても、一片の後悔もないと断言できるということを強調させていただきたいと思います。私は眉目秀麗なパートナーの代わりに終生の師と戦友を得ました。華麗なステップの代わりに蟻地獄のような寝技を上達させました。女の尻を追いかける代わりに、女に追いかけられるほど値打ちのある男になろうとする道を私は選んだのだと思っています。

 余談ながら、ダンス部のりこさんは、その後「大学から始めたような素人と踊っても結局はつまらない」ということで言いよる数々の男子部員を袖にして、しばらくの間柔道部に去った私とのペアリングを熱望されていました。ときどき柔道場まで来られては、「ねえ。踊りましょうよ。私あなたじゃないと満足できない。Shall we dance?」と懇願され、浮いた話と縁のない仲間にも散々ひやかされて閉口しましたが、ある日ついに私が「もうダンスはできません。組んだら自然に崩して投げようとしてまいまんねん」とお詫びしたところ、「馬鹿ァ」と泣きながら駆け去っていきました。私はりこさんの思いを無駄にしないよう、一橋柔道部でとことんまで強くなろう、そして将来日本の屋台骨を支える力になれるよう強靭な肉体と精神を手に入れようと決意を新たにしております。 (完)
関連記事
スポンサーサイト

| 柔道部に入部して | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/312-1cebb7d7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT