一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

柔道部に入部して(5)

(平成23年度一橋大学柔道部報「一道」より抜粋)
一年生の感想や入部の経緯を綴った文章(入部後2ヶ月目のもの)を何篇かご紹介いたします。
一橋柔道部入部をご検討中の皆様に、参考にしていただければと思います。

(柔道の魅力とは)   1年 Y.M(留学生)

 「柔道の魅力とは何ですか?」という質問を、私はたまに耳にするのですが、その度にどういう答えをすればいいのか戸惑ってしまうことがよくあります。というのは、一言で柔道の魅力を表すことが難しいからであります。私は、「柔道の魅力とは何ですか?」と質問されると、「相手の力を利用して相手を制すること」「柔能く剛を制すること」と言ってごまかしてしまいがちであります。
 確かに、それも数多くの柔道の魅力の中の一つではあるでしょう。しかし、私が私自身に、そうした魅力にひきつけられて柔道をやっているのかと聞くと、何となく納得のいくものではないのです。
 やはり、私にとって、計りきれない柔道の魅力を言葉で表現することは到底無理であるのでしょう。けれども、よく考えてみると、柔道の中の言葉で表現することのできない部分にこそ、私はひきつけられたのかもしれません。私をひきつけたのが柔道のどの魅力であるのかは今でもよくわかっていないのです。しかし、一つ断言できるのは、本当に柔道にひきつけられてよかったということです。
 本当にまとまりのない稚拙な文章で申し訳ありません。これからもいろいろと迷惑をかけると思いますが、どうかよろしくお願い致します。(完)
関連記事
スポンサーサイト

| 柔道部に入部して | 01:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/316-e7808eb5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT