一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2012/02/04

本日は中田コーチ、寺田先輩にご来場いただきました。

本日の練習も先週と同じくラントレから始まりました。
先週降った雪が解けたためか、グラウンドは一部水浸しになっており、かなり悪いコンディションではありましたが、こんなことでひるむ一橋大学柔道部員ではありません。
2400mのランと400、300、200、100mのダッシュをこなして、有備館へと戻ります。

本日の寝技の反復では、先週コーチにご教示頂いた相手の手首を取ってロックする横四方と、相手の手首を取る形の亀取りの方法を練習しました。
さっそく寝技乱取りでも挑戦してみましたが、うまく返せずに逆に不利な体勢になってしまう場合が多くありました。乱取りの中で反復して徐々に身体化していきたいと思います!

寝技の後は立ち技を行います。
丹羽先輩が練習前に、最近運動不足だ、と仰っていたので、今日は乱取りで投げることができるのではないかと淡い期待を抱いておりましたが、巴投げや背負い投げで返り討ちにあうという結果になりました。
やはり大学四年間柔道を続けてきて身につけた技術はそう簡単には衰えないということでしょう。
受験で付け焼刃的な知識は役に立たず、何度も学習して身につけた知識が重要となる、ということと同じなのかもしれません。技術の向上を目指して日々の練習に精進してまいります。

練習の最後にはコーチの考案した腕立て、腹筋、背筋のトレーニングを行いました。
立ち技乱取りの後ということで疲弊した筋肉に追い打ちをかける形になるわけではありますが、ギリシャの哲学者プラトンも「勝つは己に克つより大なるはなし」といっているように、ここで自分に負けて楽なトレーニングをするわけにはいきません。
手を叩いて腕立てや腹の上に立ってもらって腹筋といったトレーニングをこなして本日の練習を終えました。

受験生の皆様におかれましては、入学試験まであと20日前後となりました。
上述しましたが新たな知識を入れるよりもこれまで身につけた知識の確認に学習時間を費やしていっていただきたいと思います。

一年 田中 陽介
関連記事
スポンサーサイト

| 日誌 | 20:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/317-6b49c62e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT