FC2ブログ

一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

柔道部に入部して(7)

(平成23年度一橋大学柔道部報「一道」より抜粋)
一年生の感想や入部の経緯を綴った文章(入部後2ヶ月目のもの)を何篇かご紹介いたします。
一橋柔道部入部をご検討中の皆様に、参考にしていただければと思います。

(続・入部宣言)   1年 T.I

 私は柔道歴9年ですが、今迄柔道部所属したことはなく、最後の学生生活でようやく「部」として柔道と向き合うこととなりました。正直なところ、入学時はまさか体育会に入るとは思ってもみなかったので、よくよく考えてみますと自分でも不思議な感覚がします。しかし、そんなことはさておき相変わらず柔道は面白い。特に、9名もの同期の仲間(しかも6名は初心者!)とともに成長できるのはこの上なく楽しいことだと身に染みて感じております。(「自分以外にも部員が何人かいなければちょっと…」などと我儘を言って入部を渋っていた私としては、仲間を集めて下さった先輩方にかなり感謝しています。)
 さて、今後の柔道部生活についていくつかお話ししたいと思います。まずは私自身の柔道について。単刀直入に言えば、私は寝技が苦手です。だからこそ、寝技を一から学べそうな一橋柔道部に惹かれたということもありますが、とにかく一つでも多くの知識を取り入れ、反芻し、自分のカードを増やしたいです。また、立技は、単純に身体能力(大したものではありませんが)に頼っている面が大きいので、一つひとつの技を丁寧に作り上げたいと思います。
 次に柔道部について。現在柔道部の構成は、1年生と4年生のみという特異なかたちになっています。私達1年生は、先輩方から学び取らねばならないことが、柔道以外にもたくさんあるということです。何事も経験が重要だと思うので、4年生の仕事等を積極的にお手伝いして、先輩方を安心させられるような体制を築いていきたいです。それでは、これから4年間よろしくお願い致します。(完)
関連記事
スポンサーサイト

| 柔道部に入部して | 20:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/319-c19307f3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT