一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2011/04/19

本日は獣欲いや柔能く剛を制すのお話です。
ときどき、柔道には何かコツがあって、力を入れずともフワッと巨漢を投げ飛ばすようなイメージを持たれている人がいます。
これは間違いとは言えませんが、柔=非力というわけではないのです。
大きい人から見れば、小さくて力の無い人など全く怖くありません。つかんでグシャっと投げてしまえばよいのです。
やはり小さい者、力の弱い者が大きい人を倒すには、鍛え上げた筋力と裂帛の気合が絶対に必要なのです。そうした「凄み」を身につけることが、力を入れずに相手を制するようになれる必要条件というわけですね。

そこで、本日は新入生福岡君、1号古川に部室の器具を使ったトレーニング指導を行いました。
今日現れた前主将はベンチプレス130kgを挙げる怪力男で、惜しむらくはその怪力が柔道に活かされることは**********が、トレーニング指導は一流。無駄に大学院行ってません。

強靭な体を造るのも大事な稽古、健全な精神は健全な肉体に宿る!です!!

明日は水曜、できるだけ多くの新入生を迎えて活気のある稽古をしたいと思います!!頑張ります!!

関連記事
スポンサーサイト

| 日誌 | 23:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/32-5bcc5b47

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT