一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2012/03/19

比較的暖かく、心地良く汗をかいて、稽古に励むことができました。
春の訪れとともに振り返れば、柔道部の一年は「アレヨ、アレヨ」と言っている間に過ぎていきました。
楽しいことはすぐに終わってしまうというのは本当なんだなと実感します。

本日の稽古には、中村先生、そして首都大から坂井さん、栗本さんがご来場。
普段よりも乱取の時間を多くとり、実践的な稽古ができたと思います。
私自身、まだまだ実戦経験が不足しているので、積極的に他大柔道部員との稽古をしていきたいと思います。

中村先生からは、「実戦を意識して寝技補強を行うように」、そして「もっと絞技を使っていこう」とアドバイスを頂きました。
マイッタ無しを標榜する柔道部員が絞めを避けていては(少なくとも消極的であるように見られていては)話になりません。
異常な絞め好きにまではならなくとも、隙あらば首を狙う闘争心は身につけて行きたいと思います。

研究の時間には、横三角の入り方と絞技についてレクチャー頂きました。
現役部員は小柄な者が多く、体格で有利不利が生れない絞技は大きな武器になります。
先週師範に教えて頂いた技術と合わせて、徹底的に反復して参りたいと思います。

一年 古川 利明
関連記事
スポンサーサイト

| 日誌 | 21:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/359-d0350c0d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT