一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2012/03/20

本日は川越高校柔道部、大森学園高校柔道部、首都大学東京柔道部を有備館にお招きしての合同稽古でした。

何を隠そう川越高校は山岸先輩と私の母校です。二人とも高校時代は他の部で活動しておりましたが、こういったかたちで母校の柔道部と関わることになるとは、運命とは不思議なものです。
また、大森学園高校は、川越高校の吉本先生の大学柔道部時代の後輩である秋山先生が監督を務めていらっしゃるというご縁でご来場いただきました。

さて、練習の方は非常に活気あるものとなりました。
IMG_1112_convert_20120320231123.jpg

IMG_4685_convert_20120320231158.jpg

IMG_6463_convert_20120320231212.jpg

寝技乱取・立技乱取を中心に据えたメニューをこなしたあとは中田コーチによる大内刈の講習です。
大内刈には一本を取る技としての側面、「中継の技」としての側面があるということで、大内刈に対する認識を深めることができたと思います。
一つ一つの技を多面的に解釈することで、自分の柔道をより合理的なものにできる、そう考えさせられました。
そして最後はスピード打ち込み。
皆で息を上げて稽古を締めくくりました。

練習の後は懇親会を開きました。
やはり体と体でぶつかり合うと人間はある程度分かり合えるのでしょうか。
全人類とまでは申しませんが、少なくとも私たちはその部類に属するようです。
年齢の違い(と言ってもほんの4~5年ですが)を超えて話に花を咲かせておりました。

我々学生からは柔道・柔道部の楽しさを語り、中田先輩には柔友会、進路等についてお話を頂き、一橋大学柔道部について高校生の皆さんに少し知っていただけたのではないでしょうか?
皆さんの中から一人でも多く、有備館で切磋琢磨することを志す人が出てくることを期待しております!

川越高校の皆さん、大森学園高校の皆さん、そして首都大学東京の皆さん、ありがとうございました!
是非また有備館へお越し下さい!

主将 板羽 貴輝
関連記事
スポンサーサイト

| 日誌 | 23:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/360-56adaa32

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT