一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2012/03/25

志田原先輩と4年生の追いコンです。
大月部長、野瀬師範、中田コーチ、山口先輩がご来場。

道場では、卒業される先輩方による全部員相手の投込みです。
山田先輩、丹羽先輩、志田原先輩が自分の得意技を披露される一方で、山岸先輩が今までほとんど試みられてこなかった背負投をビシビシ決めておられました。普段とは違う正統派の立技に一年生一同非常に驚くとともに、これが市大戦に間に合っていれば4、5人抜きくらいされていたのでは、と思ってしまいました。

コンパでは、一年生から先輩方へのメッセージと先輩方一人一人にちなんだプレゼントをお送りしました。どのプレゼントも先輩方の残されたエピソードや 特徴、ご趣味をうまく捉えたもので、先輩方にも喜んでいただき、コンパは非常に盛り上がりました。

その後、山口先輩と先生方から卒業生へのメッセージを頂きました。中田コーチ からは、クラークの「少年よ、大志を抱け!」という言葉と、大志がなくとも目の前の為すべきことを着実に積み重ねられれば成功するという松下幸之助 の考えをご紹介頂きました。一年生にとっても貴重なお話でした。

最後に、山田先輩、丹羽先輩、山岸先輩、志田原先輩、これまで本当にお疲れ様でした。約一年と短い間でしたが、先輩方のおかげで非常に密度の濃い一年間を過ごすことができ、一橋柔道部の歴史と伝統をしっかり引き継いで行こうという揺るがぬ決意を持てるようになりました。本当にありがとうございました!!!

産、官、学各界の第一線に勇躍される先輩方におかれては、早速厳しくお忙しい日々が待っていることと拝察致しますが、これからも万難を排して有備館にお越し頂けるとのこと、誠に心強く、お待ちしております。
お越しの度に我々の成長を感じていただけるよう、また更に増えた仲間とともに賑やかにお迎えできるよう、 日々稽古と勧誘に死力を尽くしたいと思います。

今後ともよろしくお願いいたします!!!

主務 古川 利明 

(画像は後日追加アップさせていただきます)
関連記事
スポンサーサイト

| 日誌 | 00:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/366-2dd714d6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT