FC2ブログ

一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2012/04/12

本日の稽古には野瀬師範にご来場いただき、柔道経験の有無にかかわらず、すべての新入生の好奇心を刺激する講習をしていただきました。

最初は柔道における突き技、蹴り技に対する対応術です。
もちろん、現代の競技としての柔道では突き技や蹴り技が禁止されているため、普段の乱取りの中で練習することはありません。しかし、「型」の中ではその技術が伝承されており、柔道の前身である「柔術」における実戦術としての側面を残す、非常に重要な技術です。

相手の力を受け流したあとに、投げ、絞め、関節へと移行して相手を取り押さえる―――この講習は、柔道経験のある新入生にとっても新鮮なものだったようで、熱心に師範のお話に聞き入っておりました。自分自身も、普段の稽古では及びもつかない考え方や技術体系に触れることができ、とても貴重な経験ができました。

次に巴十字の講習をしていただきました。自分は初心者の松田君と組み、反復練習を行いました。最初こそ動き方が分からず四苦八苦していた彼ですが、何度かコツを教えてもらい反復を繰り返すうちに、立ち姿勢からスムーズに関節を極めることができるようになってきました。
おそるべき成長スピードです!
野瀬先生が仰るには「立ち技は習得するのに時間がかかるが、巴十字などは反復を続けていれば初心者でも半年でモノにできる」とのことです。


初心者には初心者なりの強くなり方がある―――大学から柔道を始めた自分にとって、野瀬先生のお言葉はとても心強く、またすでに実感し始めている言葉でありました。
新入生の皆さん、一橋柔道部は未経験者も大歓迎です!
十二分に成長できる環境があります。一緒に強くなりましょう!!



稽古後には野瀬先生に「籠太」に連れて行って頂きました。
野瀬先生、いつも本当にありがとうございます!
また、貴重なお話をたくさん聞かせていただき、ありがとうございました!

新入生の松田君、岡本君、四戸君、今日は来てくれてありがとう。
また一緒に稽古しましょう!!
(仲間になる日を楽しみに待っています!!!)

副主将 丸山
関連記事
スポンサーサイト



| 日誌 | 07:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/384-2558987d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT