一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2012/04/19

本日も昨日に引き続き、これまで柔道部と接点のなかった新入生達と接触するため、掲示物やビラを活用しながら、柔道の素晴らしさ、そして一橋大学柔道部の素晴らしさを伝える活動を大々的に繰り広げました。

その結果、なんと本日開催した交流説明会@ステーキ・テキサスには、新入部員の高橋君、小川君、四戸君に加え、14名もの新入生が参加してくれました!!
川野君、佐々木君、若林君、島沢君、工藤君、吉田君、佐々木君、生田君、坪井君、小林君、金田君、竹本君、野中君、吉田君、、、新入生の皆さん、来てくれて本当にありがとう!

ステーキを頬張りながら、それぞれのテーブルでは大いに会話が盛り上がり、新入生の皆さんには、一橋柔道部の雰囲気や部員の人間性がよく伝わったことと思います。



それでは、各テーブルの様子を少しずつ報告いたします。

まず佐々木君、若林君、島沢君のテーブル。3人は第2外国語として中国語を履修していたことから、同じテーブルに座ったチーハオから中国語をレクチャーしてもらったり、チーハオの柔道から始まった恋愛話を聞いたりして、3人ともチーハオの話に夢中で聞き入っておりました。
(チーハオの恋愛話については、ここに詳しくは書けませんので、気になる方は道場にて直接チーハオより聞いてください!)

0419-チーハウ、



工藤君、吉田君、佐々木君のテーブルでは、3人とも野球の経験があったことから、高校まで野球部だった福島が、野球と柔道の関連性について語り、盛り上がっておりました。どちらも「投げる」ということに特化した競技です。きっと柔道でも野球の経験が活かせるはず!!

0419-福島



生田君、坪井君、小林君のテーブルでは、3人が丸山の出身校である岡崎高校出身であったことから、丸山を囲んで高校時代の話や大学から始めた柔道について語っておりました。
この一年でもっとも著しい成長を見せた丸山副主将です。きっと新入生3人の目にも輝いて映ったことでしょう!


川野君、小川君、高橋君のテーブルでは、すでに一橋大学柔道部の新入部員となっている高橋君、小川君の二人が2年の古川とともに、柔道の魅力、そして一橋大学柔道部の魅力について川野君に猛アピールしておりました。
川野君、少しでも伝わってくれたでしょうか?ぜひ一緒に柔道をやりましょう!!

0419-丸山、古川、


最後に、四戸君、金田君、竹本君、野中君、吉田君のテーブルには主将の板羽と私、閔が同席し、学校の授業のアドバイスから始まり、世の中のマジョリティ・マイノリティの関係性、政治・経済の時事問題など、幅広い分野についての各々の意見を述べあいました。ついつい熱くなってしまいましたが、柔道は頭脳と身体の両方を駆使して技を磨きますから、そんな柔道部がアカデミックな会話をするのはある意味で必然といえます。四戸君、金田君、竹本君、野中君、吉田君、柔道部は文武両道です!
共に知力と体力を磨きあいましょう!!

0419-板羽


私は今日、学校の授業の中で「食科学」という講義を受け、そこで、食事とコミュニケーションの重要さについて先生から教えて頂きました。そして本日、新入生と美味しい食事をしながら、言葉を交わすことで、まさにその有効性を実感しました。新入生のみなさん、柔道部の魅力を感じていただけたでしょうか?

我々も非常に楽しい時間を過ごすことが出来ました。
来てくれて本当にありがとう!
本日、興味をもってくれた新入生はぜひ、次回柔道場での練習に参加してみてください!
お待ちしています!!


二年 閔
関連記事
スポンサーサイト

| 日誌 | 07:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/392-92521bc2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT