FC2ブログ

一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2012/04/23

本日は一橋大学の人気講義の一つ、「武道としての柔道」がありました。
野瀬師範のご子息であられる野瀬英豪先生を講師に迎え、夏学期を通して柔道の実技を学ぶ授業です。

この講義が人気である最も大きな理由は、やはり「柔道そのものの面白さ」にあると思います。
座学ではなく、実際に相手と対峙して技を試みることができるという授業であり、またその技も、超一流の指導者に基礎の基礎から教えていただけるという、なんとも贅沢な90分なのです!

さらにその超一流の指導者、野瀬英豪先生ご自身も人気の秘密です。
ものすごく強く、優しく、その上非常にハンサムでいらっしゃるので、先生に憧れて本講義を履修する女子学生も後を絶ちません。(今年の講義には昨年からのリピーターの方もいるそうです!)

授業で柔道の面白さ、奥の深さを知って、「もっと深く学びたい!」と思った方は是非そのまま残って、引き続き柔道場で行われる柔道部の練習にもお越しください!
「習った技術を反復したい」「さらなる応用技術が知りたい」「後で浮かんだ疑問が気になる」などなど、何でも柔道部員がお応えします!!!



実は新入部員の高橋君・田澤君・四戸君もこの授業を履修しております。
授業が終わってそのまま稽古を開始しましたが、3人からは「もっと深く学びたい!」という気持ちがバンバン伝わってきます。終始楽しそうに稽古し、「水を得た魚」改め「畳を得た柔道家」となっておりました。


さて、本日は土曜日に中田コーチより講習いただいた袈裟固・横四方固の反復練習をはじめ、基礎的なメニューを中心に行いました。

0423-1.jpg


最後の研究時間には、「高橋返し」・「帯取り返し」の研究を行いましたが、高橋君・田澤君の経験者コンビにとってもあまり親しみのない技だったようです。しかし、2年部員とペアになって繰り返し反復しているうちに、どうやらコツを掴むことができたようでした。

一方注目株筆頭の四戸君。
当ブログで度々申しておりますように、彼はとても筋が良く、高橋返しも一度形を教えるとスムーズに再現してみせるのでした!末恐ろしい後輩です!

0423-3.jpg


帯取り返しの首抜き後転には多少苦戦したようですが、4回、5回と一人で反復しているうちに形になってきて、気がつけば相手を伴っての反復もクルクルと見事にこなしておりました。

謙虚な姿勢で、かつ貪欲に知識を求める四戸君。4年間で大きく化ける予感がします!
我々上級生もうかうかしていられません。彼の2倍、3倍努力して、常に彼の目標となれるよう高みを目指さねば!!相互に切磋琢磨し、みんなで強くなりましょう!


最後になりますが、明日は武道系コンパが開催されます!
もちろん我々も、着々と準備を進めております。
「リアルファイトで武道系ナンバー1を決めよう!」という企画は却下され続けておりますが、内心「我々柔道が最強である」と信じて疑いません!
・・・おっと、失礼。無論明日はそんな殺伐としたコンパではなく、「武道」という同じ志を持つ体育会が一挙に集う、非常に楽しいイベントです!
心を鍛えるもよし、身体を鍛えるもよし、文化を学ぶもよし!
武道に興味がある人もない人も、是非足を運んでみてください!!
お待ちしています!!


主将 板羽
関連記事
スポンサーサイト



| 日誌 | 01:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/395-1d291aea

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT