FC2ブログ

一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2012/04/28

本日の最高気温は24度。
夏の訪れを感じるような蒸し暑さで、皆大量に汗を流して稽古に励みました。

稽古には中田コーチ、中田コーチの高知学芸高校柔道部時代の先輩でいらっしゃる宮下さん、有光さんさん、豊永さん、最近ヒューストン勤務から東京に戻られた野瀬先輩武元先輩、丹羽先輩、そして丹羽先輩の勤務先同僚の田尻さんが来場されました。

稽古のメニューは寝技補強、寝技反復(横四方固の逃れ方、逃れに来る相手への対応など)、寝技乱取、野瀬先輩による十字固の講習、立技打ち込み、自由乱取り、サーキットトレーニングと盛りだくさんの内容でした。

土曜日(コーチのいらっしゃる日)の恒例で、寝技反復後に一年生は練習の成果を披露します。平日の反復練習の賜物でしょうか、抑え込みの形や、相手の逃げ方に応じた対応など、四人全員が着実に成長していることを感じさせてくれました。

一年生は重量級が多いので、受け役の上級生にとってもいい稽古になります。たとえどんなに大きな身体で、がっちりと抑え込まれたとしても、必ずどこかに逃げられる可能性があります。なければ作ります。全身運動でわずかな隙間を作り、その隙間を少しずつ広げて相手の力を逸らせていく―――絶対に諦めない柔道が、「マイッタなし」の一橋柔道です!

十字固の講習では、亀になっている相手の関節の取り方を野瀬先輩が詳しく教えてくださいました。旧三商大戦では七割方関節で一本を取っていた、と中田コーチが語る野瀬先輩の関節技術は、一橋のトップシークレットなので残念ながらブログにその詳細を載せることはできません。ただ、自分が気がついたのは、野瀬師範や水曜日に来場された埼玉大学の冨田さんに教えて頂いた巴十字とつながる部分があるということです。もちろん細部には野瀬先輩オリジナルの高等テクニックが多数見られましたが、その根幹となる部分には、脈々と受け継がれる伝統の技術が光っているようでした。
自分たちももっと十字固を徹底的に反復して、これを継承していきたいと思います!

そのあとは打ち込み、乱取り、サーキットトレーニングで徹底的に追い込みました。ここしばらく新歓活動中心で、思う存分稽古に打ち込むことができなかったため、久々に長時間かつ高密度の練習ができ、ヘロヘロになりながらも楽しくて、非常に気持ちの良い時間を過ごすことができました!!

稽古後は野瀬先輩と武元先輩に「はたご屋」に連れて行って頂きました。
先輩たちは学生時代にはたご屋でバイトをされていたそうで、立派なお身体ははたご屋の栄養と稽古とトレーニングで作られたものなのですね!我々もしっかり栄養をつけて、野瀬先輩、武元先輩のような活躍ができるよう、精進していきたいと思います!
ご馳走様でした!!!

明日は全日本選手権観戦、そして新入生の歓迎コンパを行います。
コンパでは、何やら一年生にプレゼントがあるそうですよ。
それを受け取る姿を想像していたら、明日が楽しみになってきました(^^)


副主将 丸山
関連記事
スポンサーサイト



| 日誌 | 01:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/401-b2c9e668

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT