一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2012/05/31

本日の稽古には野瀬師範がいらっしゃいました。

0531-1.jpg

ひと通りメニューをこなした後、以前教わった組際の技について打込や投込を行いました。ご覧になった野瀬先生から、改めて「柔道での組際とは、かつての武士が鞘から刀を抜く瞬間のようなものである」とのお言葉を頂きました。
この言葉を頂いた瞬間、なるほどと納得させられました。 

武士にとって、鞘から刀を抜く瞬間の大事さは、言うまでもないでしょう。
同じく、柔道での組際も勝負に大きく関係するのであります。
これからは組際の瞬間が「生死を分かつ」という意識を持って稽古に取り組んで参りたいと思います。

その後、足払いについてご指導頂きました。
相手の両足の位置関係やそれぞれの足の中心位置に対して、有効な足払いの方向や角度など、世界トップレベルの奥義を詳細にわたって伝授して頂きました。

また、相手の攻撃に対する防御についても講習して頂きました。
機密事項のため詳述は避けますが、組み方と足の動き方によって相手の攻撃を遮断するポイントについて教えて頂きました。

野瀬先生、本日は多岐にわたりご指導頂きありがとうございました!

今週末の日曜には東京都国公立大戦が控えています。
今日ご指導頂いたことを日曜の試合で体現できるよう、残りわずかな時間ではありますが、稽古の中で身につけていきたいと思います!

明日も頑張ります!!!


二年 閔
関連記事
スポンサーサイト

| 日誌 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/436-4bc2cfff

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT