一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2012/09/18(火) 第一次三商合宿

第一次三商合宿2日目。

■午前練

本日も柔道部の一日は、谷保ランから始まります。

0918 (1)

谷保天満宮にてしっかりと必勝祈願をして大学まで戻る途中、自転車の男性から「頑張れよ!」の一言。
ご声援、ありがとうございます!!!
国立市民の皆様も我々を応援してくれているようです!
応援してくれているすべての皆様のためにも、今年の三商戦での勝利を目指し、精進してまいります!!


さて、道場に戻ると朝の寝技稽古です。

0918 (3)

本日の亀立ちには、福島と田澤が名乗り出ました!
攻撃の質・量を高め、亀のクオリティに磨きをかけるべく、残りの者は二人に全力でかかりました。

0918 (2)
▲チャンスを逃すまいと必死の攻防を繰り広げる田澤&高橋
審判をしながら、技を盗もうと食い入るように見つめる四戸

亀立ち終了後の“フィードバック・タイム(named by チーハオ)”では、評価すべき点、課題点等をあぶりだします。強くなるため、勝つために、先輩後輩関係なく、様々な視点から互いに指摘し合いました。


■午後練

午後は立技中心の稽古です。

基立ちには田中と四戸が立ちました!
肉体を極限まで追い込むこの稽古。
息が上がって、辛くなってきてからが本番です。

ヘロヘロになりながらも薄ら笑いを浮かべて余裕を装う田中――
真新しい黒帯にはエネルギーが詰まっているのか?四戸――


疲れてきてもまったく休まず、闘志を絶やすことなく相手に対峙している姿勢が印象的でした。

そして、稽古の最後に足抜きの研究を行いました。
午前練での「フィードバック・タイム」で話題になったので、朝の稽古後に研究を行った有志を中心に、皆で反復・実践を行います。奥が深いこの技術ですが、きちんと段階を踏んで抜きにかかれば、貴重なチャンスを確実にものにすることができます。
今後も徹底的に反復していきましょう!

雲行きが少々怪しいですが、明日も谷保ランができることを祈って筆をおきたいと思います。

3日目も頑張ります!!!!

主将 板羽
関連記事
スポンサーサイト

| 日誌 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/515-403e6921

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT