一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2012/10/08(月)

本日は野瀬師範、中田コーチ、山口先輩(S58)、黒瀬先輩(H8)、大崎先輩(H11)、山田先輩(H24)、山岸先輩(H24)、そして東大OBの新田さんにお越し頂きました。

いつも通り受身からのスタートです。
入部して一週間の相川君にとっては初めての動きが多く、コーチやOBの先輩方に手とり足とり指導を受けていました。
受身はなによりも先に身につけなければいけない動きです。
三商まで残りわずかではありますが、まずは焦らず、怪我をしない体作りから頑張りましょう。

121008稽古風景 (2) (300x300)

人数が多いこともあり、乱取は普段より多めに行いました。
大崎先輩からは個人的に、正対下からの足の入れ方を教えて頂きました。その後の乱取で教えて頂いた技術を試してみたところ、なかなかに使いやすい動きであったため、第三次合宿では亀だけでなく、積極的に正対も仕掛けていきたいと思います!

講習では、野瀬師範から捨て身技や寝技の際、重心に注意し相手を返す、または返されないようにする動きをご教授いただきました。
中田コーチからは自分の得意技に持っていくまでの体の使い方や連絡技の掛け方について教えて頂きました。
121008稽古風景 (1) (300x202)

さらに、師範から普段の打込で形を大事にする時間を作るようご指導を頂きました。
三商が近づき、少しずつ焦る気持ちもありますが、技の形を根本から見つめ直すことが実は上達への近道であるとのこと。
少しでも強くなって勝利に貢献するために、ひとつひとつ確かめながら猛進して参ります!!

121008稽古風景 (4) (300x216)
121008稽古風景 (3) (300x180)


三商合宿も半分が終わり、折り返しとなりましたが、
集中力を切らさずに最後まで駆け抜けます!
121008稽古風景 (5) (300x180)

一年 四戸
関連記事
スポンサーサイト

| 日誌 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/534-2c985038

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT