一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2012/11/01(木) 第四次三商合宿

第四次三商合宿最終日

とうとうこの日がやってきました。
三商合宿も今日で最後。全員から今まで以上の気合いが感じられます!


■午前練

まずはいつもの三商合宿のメニュー、矢保ランからスタートです。
今週末は一橋祭
天下市の準備でざわめく大学通りを、力強い掛け声とともに颯爽と駆け抜けるバンカラ集団、それが一橋柔道部であります!

本日の亀立ちには、2年福島、そして初体験のサニーさんが挑みました!

1101 (2)

1101 (3)

1101 (4)

福島は、病み上がりで時折苦悶の表情を浮かべておりましたが、執念の寝技でノルマをクリアしておりました。
一連の合宿を通じ、精神的にも成長したようです!

サニーさんは初めてのルールに戸惑いを見せつつも、柔術で培った寝技を遺憾なく発揮し、多彩な技で相手を翻弄しておりました。


■大掃除→午後練

午後はまず、明後日土曜日に行われるOB戦に備え、道場と部室の清掃を行いました。

なんと昨日に引き続き、山岸先輩(院生)がいらっしゃり、掃除を手伝ってくださいました!
まさに率先垂範の極み、せっせと動き手伝ってくださる姿に、部員一同大切なことを学ばせていただきました!
ありがとうございました!!

ところで、掃除をしていると、部室のあちこちから私物が出てきます。
十中八九、「これ誰の?」と聞けば、元気良く「僕のです!!」と即答するのは〈有備館の住人〉四戸です。なるほど、半年とちょっとで身も心も柔道一色に染まるわけです。
強くなるために、皆で有備館に住むのも悪くないかもしれません!


その後、道場の掃除がひと段落したところで浅賀先輩(S45)がいらっしゃり、三商合宿を締めくくるべく、一人一人に向けたアドバイス、そしてご自身の体験談を交えた三商への心構えなど、多岐にわたる講習をして頂きました!!

特に、自分の中で印象に残ったのがこの言葉です。
「三商大戦は、自分が限界と思っている以上の力を発揮することができる場である」
試合では稽古以上のものは出せない、という心構えで稽古に向かっておりますが、支えてくれた多くの人の力が、あるいはチームのために絶対勝ちたいという強い気持ちが、自分の持てる以上の力を引き出してくれるのかもしれません。

合宿の締めくくりに浅賀先輩のお話を聴くことができ、ラストスパートのエネルギーをたっぷり注入して頂きました。
浅賀先輩、お忙しい中お越し頂き、本当に有難うございました!

明後日は毎年恒例のOB戦があります。
これまでの稽古や、先生・先輩方にご指導いただいた成果を十分に発揮できるよう、精一杯頑張ります!



二年 古川


1101 (1)




関連記事
スポンサーサイト

| 日誌 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/557-9abe6a0f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT