一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2012/11/23(金)旧三商大戦②神戸大戦

(2012/11/23(金)旧三商大戦①市大戦から)

午前中大阪市大戦で敗北し、後がない一橋。
残る「三校同時優勝」に望みを託し、再度一丸となって神戸戦の勝利を目指します。

1123②神戸戦 (1)


神戸戦の試合結果は以下の通りです。
121123神戸戦

前半で粘り、市大戦よりも力を発揮できた選手も多かったのですが、後半、神戸・木村に立て続けに抜かれてしまい、終わってみれば8人残しの大差で敗れてしまいました。

以下、写真とともに試合を振り返ります。

1123②神戸戦 (2)
▲高橋(1年/初) (引 分) 辻(2年/初)
1年生高橋、先峰の重責をものともせず、神戸・辻を圧倒。ポイントこそ奪えなかったものの、チームに勢いをつけるいい試合運びであった。

1123②神戸戦 (3)
▲チーハオ(2年/初)〇(腕 固) 石橋(1年/無)
市大戦では柴田に敢無く敗れてしまったチーハオ、無念を晴らすべく寝技で積極的に攻める。しかし、白帯ながらいい寝技を見せる神戸・石橋に、なかなかポイントを奪うことができない。後半、正対下から、体制を崩した石橋の腕を捻りあげ、見事一本を奪う。

1123②神戸戦 (4)
▲チーハオ(2年/初) (袈裟固)〇泉(2年/弐)
一人抜いた後の相手は実力者泉。寝技でチャンスを窺うも、逆にもつれたところで袈裟固めに抑え込まれてしまう。

1123②神戸戦 (5)
▲サニー(留学/無) (引 分) 泉(2年/弐)
チーハオを抜いてきた神戸・泉に対し、レスリング仕込みのタックル、柔術仕込みの寝技を駆使し、必死に食い下がるサニー。サニーの気迫溢れる「柔道」で、一橋は貴重な引き分けを手にすることができた。

1123②神戸戦 (6)
▲四戸(1年/初) (引 分) 滝川(4年/初)
市大戦で、負けはしたものの堂々とした戦いっぷりを見せた四戸。神戸戦ではさらに安定した柔道を見せ、なんと経験者の神戸4年生滝川と引き分けることに成功。部室に住み込む程柔道にかけた時間が、成果となって現れたのだろう。

1123②神戸戦 (7)
▲丸山(2年/初) (引 分) 柴田(4年/初)
続いて副主将丸山。市大戦に引き続き、安定した柔道で危なげなく引き分けた。この一年、大きな怪我を乗り越え頑張ってきたことで、心身ともに大きく成長したのではないだろうか。

1123②神戸戦 (8)
▲閔(2年/初) (大内刈)〇木村卓(3年/初)
市大戦で早々に一本負けしてしまった閔。神戸戦では名誉挽回したいところであったが、ポイントゲッター木村相手に仕掛けていったところを、やはり早々に大内刈で投げられてしまう。「前に出よう」という気持ちは十分に伝わってきたが、無理に仕掛けて投げられてしまっては意味がない。
木村の一本勝ちで、神戸陣営は一気に盛り上がった。

1123②神戸戦 (9)
▲田中(2年/初) (合せ技)〇木村卓(3年/初)
閔同様、田中も市大戦の汚名を返上すべく、神戸・木村相手に必死に食い下がる。相手の投げ技をなんとか技有りに抑え、寝技に引き込んで時間を使うも、試合後半、上四方固めに入られてしまい、合わせ技一本となる。

1123②神戸戦 (10)
▲福島(2年/初) (谷落し)〇木村卓(3年/初)
少し体力の落ちてきた木村相手に、市大戦同様、安定した試合運びを見せる福島。そのまま時間が過ぎていき、あわや引き分けかと思われた残り30秒あたり、木村の虚を突いた角落としで技有りを奪われてしまう。
そのまま時間切れとなり木村は3人抜き。

1123②神戸戦 (11)
▲田澤(1年/初) (引 分) 木村卓(3年/初)
疲れの見える木村相手に、積極的に攻め立てる田澤。市大戦での悔しさを晴らすべく、木村から一本を奪いにいくも4分間凌ぎ切られ最後は引き分けとなる。

1123②神戸戦 (12)
▲小川(1年/初) (引 分) 上嶋(1年/初)
1年生同士の戦いとなった小川と神戸・上嶋。互いに一歩も引かない攻防を繰り広げ、そのまま時間切れとなる。これから4年間、相手よりも多くの時間とエネルギーを柔道に費やし、ぜひ卒業までに同じ相手から勝利を収めてほしいと思う。

1123②神戸戦 (13)
▲板羽(2年/弐) (内 股)〇佐段田(3年/初)
主将板羽、神戸のポイントゲッターである佐段田との対戦となる。中盤まで互角の勝負を行うが、このまま時間を費やしても後がないと判断した板羽は一か八かの勝負に出る。無理に仕掛けに行ったところを佐段田に合わされてしまい一本負け。あの場面ではやむを得ない選択であった。
その後相川が関節を取られ一本負け、結果8人残しで神戸大に敗北した。


1123②神戸戦 (14)

市大戦・神戸戦ともに、試合の中で良いところも悪いところもはっきりと見られました。
しかし、そもそも1,2年生しかいないチームで(しかも初心者ばかりのメンバーで)ここまでいい試合を行うことができたのは、ひとえに先生方、OB・OGの皆さま、そして応援してくださるすべての関係者の皆さまの、ご支援、ご指導、ご鞭撻のおかげであります。
改めまして、心より御礼申し上げます。
本当にありがとうございました。

そして、これまでの稽古をしっかり活かしながら、浮き彫りになった課題を学生とともに一つ一つ潰し、来年こそは、何としても三商大戦で勝利を掴みたいと思いますので、どうか引き続き皆さまの暖かいご支援をよろしくお願い申し上げます。

文責:学生指導幹事 上田(H17)
関連記事
スポンサーサイト

| 戦績 | 05:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/580-d3f44866

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT