一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2013/02/02(土)

本日は最高気温21℃と非常に暖かく、小春日和となりました。
稽古会には寺田先輩(院生)にご来場いただきました。

冬オフ中の練習は、体力を落とさないためにランニングから始めます。
西キャンパス内のグラウンドへ移動し、まずは400m×7周のランニング。
一番に走り終えたのは、重量級の田澤でした。
田澤は練習のない日にもラントレを重ねており、その成果が確実に出ていると言えるでしょう。
他の部員も見習わねばなりません!

その後は400m、300m、200m、100mと徐々に距離を短くしてダッシュを繰り返します。
田澤はダッシュでも速さを見せつけましたが、同じ1年の小川もまた、負けず劣らず気合の入ったダッシュでトップを奪い返します。
2月中は出稽古以外、毎週ランニングを行う予定ですので、田澤や小川に負けないように持久力と瞬発力を鍛えてまいりたいと思います!


ランニングを終え、今度は道場に戻って寝技と立ち技の稽古です。

本日の立ち技打ち込みは輪転形式で行いました。
普段は同じ相手と10分間打ち込みを行っておりますが、輪転形式では様々な相手と打ち込みができるため、相手の体形に合わせて技を選ぶことができたり、仲間の技の工夫や成長に気づくことができたりと、新鮮な気持ちで取り組むことができました。


研究では、今年の目標<得意技を作る>に関連して、得意技につなげるための足技の練習を行いました。中田コーチが常々仰るように、「自ら考える柔道」とは勝つため、引き分けるために創意工夫を凝らすことであり、そのために、研究の時間は非常に重要なのです。


受験生の皆様におかれましては二次試験に向けて勉学に精進されていることと思います。
勉学に専念していると、行き詰ったり、モチベーションが上がらなくなったり、集中できなくなったりしてしまうことがあるでしょう。そんな時には、胸に「一橋」と入った柔道着を纏い、乱取りに、研究に、仲間とともに楽しく活動している姿をイメージしてみてください!

「思考は現実化する」という言葉がありますが、成功した姿を想像することはモチベーションアップに繋がり、それがリアルであればあるほど今やるべきことも見えてくるはずです!

我々柔道部は、一橋(柔道部)を目指す全ての受験生の「思考が現実化する」ことを、心から応援しています!!

関連記事
スポンサーサイト

| 日誌 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/604-cb90e4d3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT