一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2013/02/12(火) 出前稽古

去る2/12、冬オフ中の一同は学芸大学で行われた “出前稽古”に参加して参りました。
昨年の講師は全柔連強化委員長の斉藤仁先生でしたが、今年の出前稽古にはアトランタ五輪71kg級の金メダリストであられる中村兼三先生がいらっしゃいました。

中村先生の得意技は内股寝技ということで、先生が現役時代特によく使っていた寝技のテクニックを講習していただきました。

その一つは「相手の袖を使って抑え込みに活かす」という技術で、亀を取るときだけでなく、相手が技をかけてつぶれた時などにも使える、応用の幅が広い技術でありました。
金メダリストの技、つまりは“世界を制した技術”ですから、一朝一夕に身につくものではなかろうとは思いますが、寝技の攻防ではもちろんのこと、立ち技から寝技への移行でも十分に威力を発揮する技術なので、「中村先生が自分のために教えてくれたんだ!」と信じ込んで、乱取りの中で試していきたいと思います!!


その後は基立ちの乱取りなどを行いました。

学芸大の皆さんはもちろん、亜細亜大、学習院大、上智大、成蹊大、東経大、明治学院大、日本文化大など、非常にたくさんの大学が参加していたので、今まで一度も稽古したことのない人たちと存分に乱取りすることができ、とても貴重な経験ができました。


中村先生、開催してくださった東京学生柔道連盟の皆さま、大変いい勉強、経験になりました!
ありがとうございました!!
来年またもぜひよろしくお願い致します。


受験生の皆さんは、二次試験までついに二週間を切りましたね。
くれぐれも体調には気をつけて、最後まで集中を切らさぬよう頑張ってください!!


副主将 丸山
関連記事
スポンサーサイト

| 日誌 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/609-caee0b38

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT