一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2013/03/09(土)合同合宿③

信州大柔道部との合同合宿もとうとう最終日です。

連日の稽古でだんだんと疲れがたまってくるところですが、「すべて出し切ろう!」と奮起する部員一同。
疲労をまったく感じさせない活気のある稽古となりました!

今日は松永師範、中田善久コーチのほか、信州大OBの皆様、岩垂先輩(H5)、柿元先輩(H21)、田中先輩(H22)、寺田先輩(院生)にご来場いただきました。

まずは午前練です。
寝技補強、寝技打ち込みの後、寝技乱取りを行いました。

130309 (1) (400x226)


この合宿中に学んだ技術やアドバイスを各自が実践しており、合宿前より良く動ける者、技が多彩になった者が多くなったように思います。
普段とは違う相手との練習を通じて、切磋琢磨した成果が現れているのでしょう!


乱取り後には講習をしていただきました。

松永師範からは、正対下の基本姿勢“回転縦”(回転縦四方固め)についての技術を教えていただきました。かつて中田コーチに教えていただいた回転縦とは異なる形の技でしたが、2つともにしっかり体得し、状況によって使い分けられるレベルまで高めていきたいと思います。

中田コーチからは、うつ伏せの相手に対する「裸絞め」正対下から相手の頭を脇で固定し、横四方固めの形につなげていく技を教えていただきました。とくに「裸絞め」は使い勝手がいいながらも、しっかり相手を制するのが難しい技です。手足の使い方、体重のかけ方等、重要なポイントを丁寧に説明してくださいました。

また信州大OBの大前さんからは正対上からの2つの攻め方田中先輩からは横四方固めに対する肩ブリッジ寺田先輩からは「横三角」に入る際の重要なポイントを説明していただきました。

130309 (2) (400x226)



昼休憩の後は午後練です。

打込み、移動打込みを終えたあと、基立ち形式での乱取りを行いました。
長時間の乱取りで、体力を限界まで追い込みます。

130309 (3) (300x232)


体力を消耗しているなか、普段稽古していない相手にどれだけいつもの自分の動きが出せるか――普段の練習ではここまで追い込むことはなかなかできないので、とてもいい経験になりました。


乱取り、投げ込みを行った後は再び講習です。

松永師範からは、けんか四つの姿勢から相手の体勢を崩し、肘関節に入る技を教えていただきました。「1日30回、40回やれば必ず実戦で使えるようになる」とのお言葉も頂戴しました。まずは打ち込みで反復を重ね、自分のものとできるように頑張りたいと思います。

中田コーチからは、自身の得意技である「内股」にどうやってつなげるか、様々なパターンを教えていただきました。自分はとくに小外刈りから一気に間合いを詰め、内股に入るパターンを練習しているのですが、まだ実戦できれいに決まったことがありません。
どこが悪いのかを試行錯誤しながら見つけ、必ず「得意技」になるよう練習を重ねたいと思います。

また柿元先輩からは組み手で自分が有利になるための動き方、信州大OBの大前さんからは巴投げについて教えていただきました。


信州大の皆様、3日間ありがとうございました!
部員一同、たいへん多くのことを学ばせていただきました。
来年もここ有備館でお待ちしております!
お互い新歓活動をがんばって、次回はより多くの人数で、さらに賑やかな合宿にしていきましょう!


130309 集合写真 (1024x641)
▲クリックすると拡大します

一年 小川
関連記事
スポンサーサイト

| 日誌 | 23:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/624-35317a0a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT