FC2ブログ

一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2013/04/06(土)

OBの先輩方がいらっしゃる土曜日、新入生にもぜひ来てもらいたいところですが・・・・今日から二日間は新入生歓迎クラス合宿(通称新歓合宿)とのこと。新入生は皆、富士急ハイランドに出かけてしまいました。
新入生には思う存分旅行を楽しんできてもらいたいところですが、雨が心配です。
一日目昼食のバーベキューは無事行えたのでしょうか・・・。


さて、一方の上級生は久々に新歓を忘れての稽古ということで、少し鈍った身体を叩き直すべく、全力で稽古に臨みました。
本日の稽古には、腰の手術から退院して間もない野瀬先生もいらっしゃいました。
電車に乗るのも術後初めてとのことで、最初の遠出が有備館であったということを、大変嬉しく思います。野瀬先生はとてもお元気そうなご様子でした!
また本日は、中田善久コーチ、山口先輩(S58)、池宮先輩(H7)、そして寺田先輩(H25)もいらっしゃいました。

池宮先輩は今まで九州勤務でしたが、今年度から東京勤務となり引っ越して来たということで、さっそく有備館に足を運んで下さいました。
今後も道場へいらしてくださるそうなので、楽しみです!
寺田先輩「府中の職場で研究員の仕事をやっていくので、もしかしたら一生ここに定住することになるかも。アハハハハハ」と仰っておりました。
寺田先輩、末長くよろしくお願いいたします!!


さて練習のほうは、師範から「打込も上達しているし、良い練習が出来ている」とお褒めの言葉をいただきました。今後も慢心することなく、多くの新入生を仲間にし、共に良い雰囲気で練習を行っていきたいと思います!

また講習では師範から十字固めについてご教授いただきました。
これまでも何度か十字固めの講習をしていただき、その度に技術が上達しています。
私も十字固めを得意技とする一人ですが、師範に講習をしていただくたびに皆のガードの技術も上達していくのが、私としては悩みどころです。
(師範が私にだけ十字固めの講習をしてくれれば一番嬉しいのですが 笑)

また師範はいらっしゃる度に、最新の柔道事情に関するお話をしてくださいます。
今回強く印象に残ったのは、技術と筋力についての話です。

野瀬師範によると、韓国の道場などでは正面に「体力第一、技第二」と掲げられているそうで、体力や筋力を重視する風潮があるそうです。それに対して、日本では技術を重視した指導が行われているものの、一方で「正面から組んで、正しい技をかける」というスタイルを徹底するが故に、組み合ってから力負けをすることが多く、国際試合で日本柔道が勢いを失ってしまった一因となっている可能性があるとのことです。
なお、「正面から組んで、正しい技をかける」スタイルで世界を制した山下泰裕先生や井上康生選手は、技だけでなく筋力も相当あったとのこと。
我々も正しく組んで負けない体力をつけていくと同時に、体力が自分を上回る相手に対しては、組手や寝技を駆使して試合に勝つことを意識しなければなりません。

このように、技術のみならず、様々なお話をしてくださる野瀬師範。
いつも部員たちを励まし、心技体をバランスよく育ててくださる中田コーチ。
毎週末のように道場に足を運んでくれる多くの先輩方。
そして、道場には来られなくても、物心ともに柔道部を支えてくださっている四百名以上の先輩方。
柔道部では、様々な人たちに支えられて四年間を過ごすことができます。
それは高校の柔道部とはまた一味違ったものであり、他のサークルでは得がたい貴重な経験であると自負しております。

そんな柔道部で充実した四年間を過ごしてみませんか?
部員一同、アナタの入部を心よりお待ちしています!!


副主将 丸山
関連記事
スポンサーサイト



| 日誌 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/653-afa2822d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT