一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2013/04/15(月)

月曜4限は一橋の大人気講義”武道としての柔道~その技と心~”があります。
今年度の初回授業が本日開講されました!

講師に野瀬英豪先生をお招きしたこの授業、超一流の指導者に週1回ご指導いただけるという、非常に贅沢な一コマなのです。
本年度も35名の受講者が集い、有備館はまさに白熱教室と化しました。

特筆すべき点は、女性が14名もいることです!
・・・柔道の魅力に魅かれて?はたまた英豪先生の甘いマスクに魅かれて?(笑)
真相は藪の中ですが、何はともあれ多くの学生が柔道に触れる機会を持ってくれることを私は嬉しく思います!
今回は礼法と、柔道の動きに慣れることがテーマでしたが、皆さんとても楽しそうに受講しておりました。
柔道部は授業のアシスタントをしているので、お気軽にご質問ください!
(もちろん、「投げさせてください」も大歓迎です!)
そして一人でも多くの方が柔道の楽しさを知り、我々の仲間になってくれることも密かに期待しております!


さて、授業の後はそのまま稽古に突入です。

本日は埼玉大大学院生の熊澤さんに御来場いただきました!
また、新入生は鈴木君(入部第1号!)、青木君(入部第2号!)、斎藤君、萩君、馬場君が参加してくれ、交換留学生のミカさん(入部第3号!)、ドミニクさん(入部第4号!)も稽古に来てくれました!

少々蒸し暑さを感じた今日の有備館でしたが、人口密度とみんなの熱気も影響したのかもしれません。
大人数で、活気溢れる稽古を行うことができました!

20130415 稽古風景 (3) (172x200)

20130415 稽古風景 (2) (172x200)

20130415 稽古風景 (1) (180x200)


乱取では、青木君闘志あふれる柔道が印象的でした。
体格差があろうとも、経験や筋力の差があろうとも、自分から積極的に技を繰り出し、投げられても抑えられても妥協しない柔道。
強くなるためには、こういう練習をしなければなりません!!
気持ちを前面に出して闘う「アツい漢」青木、今後がますます楽しみです!

斎藤君、馬場君の初心者コンビも負けていません。
斎藤君は大外刈り、馬場君は背負い投げを中心に、約束乱取で果敢に技を仕掛けます。
二人ともセンスあります!(手垢にまみれたお世辞ワードですが、こればかりは本気です!笑)
斎藤君は豪快な大外刈りのあと、首をかしげながら一人でフォームチェックを行っているし、馬場君「ちょっと投げてみてください」と部員にお願いしだすという、どちらも負けず劣らず非常に研究熱心です。
「投げる」ことの楽しさに気付き始めてくれたのではないでしょうか?

最後に、三角絞めの名手熊澤さんから横三角の入り方についてご講義いただきました。

始点から極めの部分まで、一つひとつの動作が合理的かつ画期的で、自分では到底思いつかないポイントにまで気を配って技を掛けており、目から鱗の連続でした。
とくに、乱取で何度も何度も一本取られた技の講義だったので、まさしく身を以て学ぶことができたと思います。
何度も反復して、自分の技にできるようにしましょう!

さて、今回参加してくれた新入生(未入部)の入部確率は・・・

斎藤君65%!!
萩君70%!!
馬場君65%!!


なんと、全員50%超えです!!
みんなもう上半身は入部していると考えてよいでしょうか?



冗談はさておき、柔道部に入部すれば充実した学生生活が待っています。
自分の目標、チームの目標にむけて直向きに努力できる場。
1つの目標のもと仲間と切磋琢磨し、喜び・悔しさを共有できる場。
一橋大学柔道部は、最後の学生生活を謳歌するのに最高の舞台です!
「人間力を鍛えたい」というあなたも、
「大学で部活なんて」というあなたも、
どうか一度、道場へお越しください!
部員一同、あなたの踏み出した一歩を、全力で応援します!!

20130415 稽古風景 (4) (300x180)
▲飯を食う時も、全力です♪

主将 板羽
関連記事
スポンサーサイト

| 日誌 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/661-45af4eac

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT