一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2013/05/03(金)

爽やかな晴天の下、本日我々一橋大柔道部は埼玉大学・秋田大学との合同稽古に参加しました。
言うまでもなく、埼玉大学・秋田大学ともに強豪校であります。
彼らの柔道を見て、体感して、少しでも何か学んで帰ろうという心意気で今回の合同稽古に臨みました。


今回の合同稽古は午前・午後の二部練です。
午前中は練習試合を行いました。

さて、自分の試合に関しては、
①試合になると、普段の乱取りに比べ腰が引けてしまっている
②奥を持ち、自分の組み手に持ち込んで投げることを意識しなければならない

・・・という二点を野瀬師範にご指摘いただきました。

一点目については、今後の稽古では「試合に出ているつもり」で乱取りを行うと同時に、実際の試合の中では、特に意識して乱取り通りの柔道を心掛けたいと考えております。
二点目については、自分の得意な型をしっかり認識し、普段の乱取りから相手を自分の型に持っていけるように、組み手の技術向上に取り組んでいきたいと思います。

また試合全体を通して、
・体の大きな相手に対しても奥を持って攻めることが効果的
・強い選手は状況に応じ臨機応変に対応できるよう、多様な技のパターンを持っている

・・・といったお話をしていただきました。
やはり、そもそも自分の柔道に引き出しが少なければ、試合においてもできることは限られてしまいます。
「得意技を磨く」という今年度の目標は当然継続して追求するものとして、得意技へ繋げる組手や技、或いは得意技どころではない場面での危機回避法等、得意技周辺の引き出しを増やすことも、ひいては得意技の威力向上へと繋がっていくものと考え、今後力を入れていきたいと思います。


午後は乱取中心の稽古を行いました。

乱取りでは、練習試合で得た反省点を意識しつつ、各々が積極的に他大の学生に稽古をお願いしておりました。一年生もまた、できる範囲で乱取りに参加してくれました。

今回の出稽古では、部員一人一人が自分自身の課題を見つめ直すいい機会となったように思います。
ここで得た教訓を、これからの稽古に活かしてまいります。
埼玉大学、秋田大学のみなさんありがとうございました!!

二年 田澤
関連記事
スポンサーサイト

| 日誌 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/678-02550c2b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT