一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2013/05/24(金)

本日は大分県で気温が35度4分まで上昇し、今年初めての猛暑日を記録したそうです。東京は国立も非常に暑く、練習開始時には有備館の温度計は29度を指しておりました。


しかしながら本日は、こういった気温の「暑さ」よりも部員の柔道に対する「熱さ」の方がはるかに上回っていると感じさせられるような情熱的な稽古でした。


その中でも特に熱いと感じたのは初心者・馬場柔道に対する真摯な姿勢です。

立ち技乱取りでは重量級の田澤板羽にも積極的にお願いしていき、乱取り終了後には「どの点が悪かったか」「どこを改善すべきか」という点について、先輩からのアドバイスに熱心に聞き入っておりました。

技術面ではまだまだ先輩から学ばなければならないこともありますが、柔道に対する熱意の点では先輩や他の一年生にも決して劣らない熱さを持っていると感じました。

また、先週の土曜日には中田善久コーチ内股の講習をしていただきましたが、その際に受けた馬場の内股の入り方や力の入れ方が非常にうまく、「初めてなのになぜそんなにうまいのか?」と尋ねたところ、「YouTubeで井上康生選手の内股のビデオを見て研究した」とのことでした。

熱意の面も然ることながら、技術面でも非常に呑み込みが早く、馬場のポテンシャルは計り知れないと思わざるを得ません!


さて、日曜日は東京学生柔道大会団体の部があるので、明日は調整練習となります。
試合に全力を出せるように、万全を期して臨みます!!
関連記事
スポンサーサイト

| 日誌 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/696-b2a4300f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT