一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2013/06/01(土)

例年より早い梅雨入りにも関わらず、今日は心地よい晴天となりました。
東キャンパスでは小平祭が開催されておりましたが、その熱気に負けないよう全力で稽古に取り組みました。

本日は首都大柔道部、電通大柔道部の方々にお越しいただきました。首都大、電通大の方には頻繁に出稽古に来てくださり、我々としても非常に有意義な練習ができております。近いうちに、こちらからも出稽古に伺えればと思います!

また、本日は中田善久コーチ、山口先輩(S58)、植松先輩(H14)にお越しいただきました。

今年度の初試合から一週間、課題となったのは「試合で使える技の強化」でした。今日の練習ではこの点を重視し、寝技、立技それぞれにじっくりと時間をかけた内容となりました。

寝技では、「帯取り返し」、「横返し」、「噛みつき」といった、基本ではありますが実戦で有用となる技を、中田コーチに講習していただきました。これらの技に共通して言えるのは“足の使い方の難しさ”でしたが、どれも足の使い方を誤れば逆にピンチとなってしまう可能性があります。
反復を重ね、試合でも積極的に自信を持って使えるよう、体に覚えさせていきたいと思います!

立技の打込みの際には、改めて以下三点についてご指摘いただきました。
①大きく技に入ること
②投げる方向にしっかり向くこと
③相手に力を伝えること

これらは以前から繰り返しご指摘いただいており、意識して打込みすることで、みな形もきれいになり、また威力も上がってきているように感じます。乱取や試合において実際に技をかける際にも崩れてしまわないよう、これらのポイントを常に念頭に置いて取り組んでいきます!!

乱取り後の講習では、中田コーチから大内刈りの入り方について、相四つと喧嘩四つの2パターンを教えていただきました。特に喧嘩四つの際の大内刈りは、先月教えていただいた内股とも相性がよく、連続技として活用することができそうです。各自が研究を重ね、自分の形に合った技を見つけていきたいと思います!

さて、本日の練習後に、なんと一橋柔道部に興味があるとのことで、浪人生の後藤君がはるばる岐阜からやってきてくれました!

130601 後藤君

後藤君は岐阜高校時代に柔道部に所属していたとのこと。今日は同じく岐阜高校出身で今年から横浜国立大学へ進学している服部君と一緒に部室に遊びに来てくれました!

名門・岐阜高校の柔道部と言えば、最近では河合先輩(H19)、田中先輩(H22)、丹羽先輩(H24)といった、多くの偉大な先輩方を一橋柔道部に送り込んでくださっている(?)実績があります!
いずれの先輩方も、卒業した後も一橋柔道部をこよなく愛してくださっており、後藤君が一橋柔道部に入ってくれればきっと大喜びしてくれることでしょう!!

二人には部室でしばらく寛いでもらった後、例によってすた丼へ一緒に昼食を食べにいきました。2人ともとても礼儀正しく、見た目通りの好青年です。また高校時代に熱心に稽古に打ち込んでいたことが窺えるがっちりした体格!これは期待の逸材が現れたか・・・!?
早くも来年が楽しみになってきました!

130601 後藤君と服部君

小平祭で存分に息抜きをしてもらい、また勉強を頑張ってくださいね。

一橋柔道部は、一橋大学を目指す受験生を全力で応援しています!!
来年の春、このキャンパスで会えることを楽しみにしています!


2年 小川
関連記事
スポンサーサイト

| 日誌 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/703-03acf3de

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT