一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2011/05/23

月曜4限の授業は相変わらずの盛況で、柔道ファンが学内に増えてくるのは部員としても嬉しい限りです。

本日は授業終了後、柔道部の稽古に受講生のマイクさん(米国)が参加してくれました。
マイクさんは190cmを超える長身で力も強く、普段なかなか稽古できないタイプなので、部員一同非常に勉強になりました。一橋勢全体として小柄なので、奥襟を叩きに来る相手に臆せず向かって行く稽古を今後ともたっぷりとやらせてもらいたいと思います。
マイクさんとの稽古風景を掲載したかったのですが撮影を失念してしまい、大変申し訳有りません。

代わりに手元の資料を貼っておきますので、これでイメージいただければと思います。











ピクチャ+9_convert_20110523222751
うちの丹羽が公式には160cmちょっとで登録しておりますが柔道やるときは身が縮んで140cm程度ですので、マイクさんと並べばちょうどこんな感じか、と。














1年生は互いに切磋琢磨しております。それぞれに「こいつだけには、、、」という同期がいるようで、とても良いことだと思います。そうして意識して稽古した相手とはまず一生の仲になるものです。
体の動く者は稽古が終わってからも上級生を捕まえ繰り返し反復、確認を求めてきます。
故障中の1年生も必死でやれることを探し、出来る範囲で懸命に習った技の復習をやっています。

上級生は全力で次元の違う稽古を見せつけることで、部全体に良い刺激を与えたいと思います。

稽古は積んだだけ強くなります。負けてたまるかという根性がついて、腹が据わってきます。
1年生は皆このことが当たり前のようにわかっているようで、本当に頼もしく感じます。

明日も頑張ります!!
関連記事
スポンサーサイト

| 日誌 | 23:16 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

私は身長158㎝で4年の神戸戦で181㎝の新子選手と対戦したときは写真のような状態でした。柔道は工夫次第で身長差・体重差がなんとかなる場合もあるので皆さん頑張ってください。

| 長濱(H3) | 2011/05/25 23:39 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/72-b3821850

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT