一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2013/06/25(火)

最近は気温が急激に上がり、夏の訪れを感じるようになりました。


さて、突然ですがこの世で最もうまい飲み物はなんだと思いますか?


そうです。
練習後に飲むプロテインです!


何十回、何百回と毎日のように飲むプロテインですが、まったく飽きることがありません!水分が極限まで失われた練習後の、さらに今日のように暑い日に飲むプロテインは本当に格別です!!
「溶けにくくて不味い」なんて印象はひと昔前のもの。久しくプロテインを召し上がっていない方はぜひ最新のプロテインをご賞味ください!!


さて、今日の練習には一橋学生のとある柔道経験者(匿名希望)に参加していただきました。聞けば、久々に柔道をやりたくなったのでちょっとだけ稽古に参加させてほしいとのこと。
「ちょっと」なんて遠慮なさらず、どうぞ毎日いらっしゃってください!・・・と言いたいところですが、もちろん時折の練習参加でも大歓迎いたします!!
お気持ちはよくわかります。柔道の魅力を知ってしまうと、一度離れてしまっても、折に触れ心惹かれてしまうものでしょう。今後もどうぞお気軽に道場に足をお運びください!!



練習の方は、試合に向けて各自課題を持って調整しているように感じました。
自分も試合に向け、昨日野瀬師範に教えていただいたこと二点に留意して練習に臨みました。

まず、一点目は内股のフォームです。
野瀬師範から「大外のフォームはだいぶ良くなってきたが、まだまだ内股のフォームが良くない」とご指摘いただきました。加えて、これを改善するために、①打ち込みの時に、体の開き、腕の方向、蹴り上げる位置等について意識すること、②投げ込みの時に、できるだけ相手を遠くに飛ばすことを意識するように、という具体的なアドバイスも頂戴しましたので、教わったポイントをしっかり意識しながら打ち込み・投げ込みを重ねていきたいと思います!

二点目は、立ち技から寝技への移行です。
試合で積極的に寝技への移行を試み、特に関節を狙っていくことで、相手に脅威を与え、精神的・肉体的に疲れさせることができるとのこと。確かに、板羽先輩の試合を見ていると積極的に寝技に持ち込み、相手を疲弊させ、自分の柔道を組み立てている場面が多々ありました。先輩方のいいところを盗み、自分の柔道にプラスしていきたいと思います!


熱くじめじめした日が続きますが、試合本番まで集中力を切らさず、悔いの残らないように練習に打ち込んでまいります!!

二年 田澤
関連記事
スポンサーサイト

| 日誌 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/725-804fc06c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT