一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2013/09/22(日)東京都国公立大学柔道大会①団体戦

昨日行われました、東京都国公立大学柔道大会の結果について報告させていただきます。

試合は午前中に団体戦、午後個人戦が行われ、野瀬師範中田コーチ、OBの先輩では山口先輩(S58)、中田先輩(H8)、上田先輩(H17)、寺田先輩(H23)、そしてさらに今回の試合には福島先輩(3年)のお父様も試合観戦にお越しくださいました!!

一橋柔道部では、関係者すべての皆さまにブログという形で日々活動状況を報告させていただいておりますが、ご家族の皆さまの試合観戦も大歓迎です!試合は日々の修行の成果をお見せする場でもありますし、一人でも多くの皆さまのご声援が我々の力になりますので、どうぞ今後とも足を運んでいただけたら幸いです!!

さて、試合の結果ですが、団体戦は昨年と同じく3位、個人戦は無差別級で板羽主将が準優勝(←薄字の訳は後ほど・・・)、-81kg級で副主将の丸山先輩と1年の青木3位入賞、という結果になりました!

全体としては、選手それぞれに課題が残りつつも、日々の稽古の成果が着実に表れた試合内容でした。
以下、各試合を写真とともに簡単に振り返ります。(敬称略)


■団体戦■

<一回戦>

一橋大学〇6-1 東京海洋大学



昨年の都国公一回戦と同じ対戦カードとなりました。昨年は3-3の代表戦で辛くも勝利しましたが、今年は大差をつけて勝利することが出来ました!試合後には中田コーチからも「去年に比べチーム力が上がっている」とのお言葉を頂戴しました。

▼先鋒戦:小川〇(背負投/一本) 張
130922 都国公 団体① (1)
力の差を見せつけ、豪快な背負投で一本勝ち。


▼次鋒戦:福島〇(背負投/一本) 福岡
130922 都国公 団体① (2)
大内刈→背負投の連続技で投込のような一本。足技から得意技へつなぐ形は練習通り。


▼三鋒戦:青木〇(内 股/一本) 松本
130922 都国公 団体① (3)
開始早々繰り出したケンケン内股で、相手をうまくコントロールし、きれいな一本。


▼中堅戦:田澤〇(大外刈/一本) 中村
130922 都国公 団体① (4)
体格は五分、再三払腰を放つも相手に堪えられる。中盤、パターンを変えて繰り出した大外刈で豪快に一本勝ち。


▼三将戦:萩〇(大内返/一本) 本多
130922 都国公 団体① (5)
終始優位に試合を進めるが、抑込みを逃げられてしまう場面も。最後は相手の大内刈を返して一本勝ち。(写真は相手が回転しすぎでポイントにならなかった大外返)

▼副将戦:板羽〇(十字固/一本) 松山
130922 都国公 団体① (6)
自分から寝技に引き込み、逃れようとする相手をうまくコントロールして、十字固を極めた。


▼大将戦:四戸 (横四方/一本)○平山
130922 都国公 団体① (7)
海洋大一の実力者に堂々とした戦いっぷりを見せるも、中盤、寝技に引き込もうとしたところを相手にうまく捌かれ抑え込まれてしまいそのまま一本負け。




<準決勝>

一橋大学 2-5〇東京学藝大学


何の因果か、1回戦に引き続き準決勝も昨年と同じカード。昨年の雪辱を晴らしたかったところですが、残念ながら力及ばず、今年も敗北を喫しました。

▼先鋒戦:青木〇(小内刈/一本) 田口
130922 都国公 団体② (1)
実力伯仲の一戦。途中、青木が小外で有効を奪ってリードするが、最後まで前に出て攻撃の手を緩めず、試合時間残り10秒、内股→小内刈の連続技できれいな一本勝ち。勝負に向かう姿勢がすばらしい。


▼次鋒戦:福島 (横三角/一本)〇齊藤
130922 都国公 団体② (2)
経験、実力ともに格上の相手。相手の投げ技を堪え、寝技で逆転のチャンスを狙ったが、うまくいかず横三角で抑え込みに入られてしまう。そのまま一本負け。


▼三鋒戦:田澤〇(内 股/一本) 森下
130922 都国公 団体② (3)
体格で上回る田澤は、野性的な柔道で相手に襲い掛かり倒しに行く。が、最後は相手を両手であおって上半身が崩れたところに内股を入り、テクニカルな技で鮮やかな一本勝ち。


▼中堅戦:板羽 (大外返/一本)〇吉田
130922 都国公 団体② (4)
大外返しを得意とする相手に、大外刈で真っ向勝負をしかける板羽主将。投げたのか返されたのか、判定が難しい場面が二度あり、それぞれに一つずつ有効が入るも、最後の大外刈はきれいに返されてしまい一本負け。


▼三将戦:四戸 (小内巻/一本)〇丸山
130922 都国公 団体② (5)
受けの姿勢は悪くないが、ポイントを取る技が出せず、中盤、相手の意表をついた小内巻込をかわしきれずに一本を奪われてしまう。


▼副将戦:小川 (袖釣込/一本)〇齋藤
130922 都国公 団体② (6)
技術・体力ともに及ばず、豪快な袖釣りで一本負け。


▼大将戦:萩 (袖釣込/一本)〇上野
130922 都国公 団体② (7)
こちらも学芸大主将・上野選手の豪快な袖釣りに持って行かれてしまう。


団体戦:三位

2013/09/22(日)東京都国公立大学柔道大会②個人戦へ続く>
関連記事
スポンサーサイト

| 戦績 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/779-1c2d76ed

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT