一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2013/10/07(月)三商合宿①一日目

第一次三商合宿初日

今年もいよいよ本格的な三商シーズン到来です。

初日の朝は伝統の谷保ランから始まります。
一年生の青木を先頭に、朝の国立を気合のこもった掛け声とともに爽やかに走り抜けました。

身体が温まったあとは柔道着に袖を通し、寝技の稽古に勤しみます。

本日の亀立ちは四戸青木
二年目の四戸は去年とは違い、闘い方に拘りが垣間見え、亀も一層固くなりました。
また、青木は初めての亀立ちに積極的に名乗り出ました。
20分間守り抜くには、前提となるスタミナに加え、クレバーな戦略が重要な鍵を握ります。
これからの合宿で鍛錬を重ね、三商での闘い方を身につけましょう!

亀立ちの後は恒例のフィードバックです。
遠慮なしにビシビシと指摘し合うことで欠点を潰していく大切な時間ですが、今回も皆クリティカルな視点で2人の亀について議論が起こりました。
地道な作業ですが、仲間からの指摘を真摯に受け止め、攻め、守りの精度を高めて行かねばなりません!

亀立ちの後は、輪転で寝技乱取りを行い、朝の稽古を終えました。
朝から体を動かすと気持ちが良いですね!

さて、午後は立ち技の稽古です。
本日の基立ちは小川田澤の二年生コンビ。

スタミナを消耗した際に普段の乱取り通りの姿勢、すなわち「足を止めず、攻勢を緩めない姿勢」を保ち続けるためには集中力を必要とします。
乱取りに出てない者も声を出し、ピリピリとした良い雰囲気で稽古ができました。

131007.jpg


昨今では大学の授業も厳しさを増しており、特に一年生は初めての三商合宿と勉強との両立に、大きな肉体的・精神的負荷を感じるかもしれません。
しかし、限界に挑まなければ、さらなる高みは目指せません!
死にかけて強くなるサイヤ人のイメージで、自分を追い込みましょう!!

柔道をする時は全力で取り組み、しっかり切り替えて授業に臨む。
そして、休む時は全力で休む。

三商まで残り47日

最も実力の伸びるこの時期を十二分に活用し、なんとしても優勝を勝ち取れるよう精進してまいります!

主将 板羽
関連記事
スポンサーサイト

| 日誌 | 23:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/788-229a6288

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT