一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2011/05/28

本日の稽古には、いつもにも増して大勢の先輩方が駆けつけて下さいました。
山本先輩、宇崎先輩、植松先輩、野瀬先輩、金濱先輩、安原先輩、柿元先輩、山縣先輩、田中先輩、本当に有難うございました。
宇崎先輩はタイより、野瀬先輩はヒューストンより、1年生の入部お祝いを主目的として緊急帰国して下さいました!!

寝技反復、寝技乱取の後、野瀬先輩の関節技講習。「膝をしっかり締める」を忘れずに心がけて行きたいと思います。
乱取ではまだ野瀬先輩に全く歯が立たず、もっと強くなりたい、粘って食い下がれるようになりたいと強く思いました。愚直にマイッタなしを追求すれば、皆が勝てないまでも野瀬先輩を止められる選手になれるのだと信じ、全力で修行したいと思います。

1年生は、伝説の先輩方のご来場で急にレベルアップした稽古の雰囲気にも臆せず、目の色を変えて取り組んでおります!
ミンと板羽は、「打込500本」を自らに課して、稽古後も続けてやり抜きました。
1年生の頑張りが本当に嬉しく、また上級生としてこうしてはいられない、早速600本やらなければと焦っております。4年生も励まし合ってくじけずに頑張ろうと思います!!

稽古の後は、皆でぞろぞろはたご屋へ。
先輩方からは一様に、如何に柔道部が人生観の根底を為しているかというお話を伺いました。
村山先輩が以前おっしゃっていた、
「やめるな!なんて言わない、やめたって本人の自由だから構わない。ただ、こんな良い部をやめるのは本当にもったいないよ、これはOBになってからひしひしと感じるんだよ」という思いを、全ての先輩方が抱かれていることを実感しました。

先輩方からの力強いエールも頂き、1年生は改めて、更に、柔道部に入って良かったと実感していると思います。
先輩方、本当にありがとうございました!引き続きご指導を御願い致します!!

明日は将来の仲間を探しに川越高校に出かけて参ります。
関連記事
スポンサーサイト

| 日誌 | 23:37 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

世界中から応援しています その3

先週、一年生の入部お祝いのためタイから緊急帰国しました宇崎です。久しぶりに有備館に行き、寝技中心の練習を見て、「一橋柔道の伝統は守られている」と安心した次第です。特に、我々が現役時代には経験しなかった寝技反復練習に感動しました。あれを究めれば素晴らしい武器になると思います。
また練習中に中座し、申し訳ありませんでした。皆さんへの差入れのつもりで野瀬君に僅かですがおカネを預けましたが、テキサスで不自由している野瀬君はそのおカネで吉原にでも行って「テコの原理だ。」なんて言いながら楽しんだのではないかと心配しております。
最後になりますが、村山先輩の仰る通りです。皆さん、練習は辛いでしょうが、やめずに頑張って下さい。OB全員が応援しています。

| 宇崎(S56) | 2011/05/30 18:08 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/79-eef8eb76

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT