一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2013/10/12(土)三商合宿①最終日

第一次三商合宿最終日。

真夏日となった昨日に引き続き、今日も道場の温度計は30℃をこえました。ただ空気はカラッとしていたので、むしろ丁度いいくらいに感じられます。疲れた体に鞭打ち、合宿最終日の稽古に臨みます!


最終日も午前錬は谷保ランからスタート。
三連休初日の国立・爽やかな朝に、柔道部の声が響き渡ります!

朝の稽古には上田先輩(H17)にご来場いただきました。

131012 稽古風景 (1)

合宿最終日の亀立ちには、福島相川が立ちます。

131012 稽古風景 (2)

131012 稽古風景 (3)

福島は時間を有効に使い、相手の思うようにさせません。一方の相川は、昨年の三商合宿に比べれば動きも力も格段に進歩したものの、まだまだ十分に粘り切ることができません。ただ、福島も相川と同じ大学から柔道を始めてここまで成長してきました。相川も残りの三商合宿でグングン成長してくれることでしょう!!

フィードバックでは、亀立ちの二人に対し、上田先輩から、亀の返し方は大きく分けて2パターンあり、各々に対応した守り方が必要、とのアドバイスをいただきました。
具体的には、
①亀の中に手や足を入れてから返すパターン
 →脇や首を閉ざす、自分の手で掻き出す等の対応
②手足を入れずに外側から一気に回して返すパターン
 →丸くなり過ぎない。相手を見て回そうとする方向から重心を逸らす


上田先輩、朝早くからありがとうございました!



午後の稽古には浅賀先輩(S45)、塚本先輩(H3)、山田先輩(H24)、山岸先輩(院生)がご来場。そして私(丸山)四戸が基立ちを行いました。


二人とも、疲労が蓄積してくる後半、頭と腰が下がりがちになってしまうのが課題です。

浅賀先輩からも、奥をしっかり掴まれても足技や足運びを駆使して悪い組み手から逃れることが必要、といったアドバイスをいただきました。足技は一朝一夕ではなかなか身につかないものですが、不完全でもとにかくまずは乱取で試してみて、少しずつものにしていければと思います!


これにて第一次三商合宿は終了。

亀立ち基立ちという練習を通じて、普段の稽古で見えない欠点も洗い出されたように思います。次の一週間で欠点を改善・克服し、再来週の第二次合宿で再び己を試す。この繰り返しにより、三商に向けて一人ひとりが自信を高めていきましょう!!

131012 稽古風景 (4)


3年 丸山
関連記事
スポンサーサイト

| 日誌 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/793-7bb3289a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT