一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2013/10/22(火)三商合宿②二日目

第二次三商合宿2日目。

肌寒くなり、今年も三商が近づいてきたことを実感させられます。
 
本日も谷保ランからスタートです。
心なしか、年々谷保ランの速度が上がってきているような気がします。以前は大学から谷保天満宮までの往復で50分あまりかかっておりましたが、現在では30分程度で完走しております。谷保ランを早く走り終えると、寝技にたっぷりと時間をかけられるので喜ばしい限りです!
 
本日の亀立ちは丸山チーハオが立ちました。二人とも、大学から柔道を始めたとは思えない巧みな寝技を見せ、十分な余裕をもって目標の五本を分けきることができました。

しかしながら、反省点がなかったわけではありません。

丸山は、一つ技を防いだ後の対応が甘かったこと、前からの攻めに十分対応できていなかったことなどが課題です。

チーハオは、亀で防戦一方となってしまう場面があったため、正対も駆使して攻めながら時間を使えるようになればさらに余裕をもって分けられることでしょう。


 
午後はいつものように立ち技中心の稽古です。
 
基立ちには相川が立ちます。
 
先週土曜の部内試合では相川、萩ともに大奮闘。二人とも先輩方からお褒めの言葉をいただいていたことも記憶に新しいところです。
 
反省会では、相川が以前より体捌きや組手が上達し、やりづらくなったとの声も聞かれました。寝技も駆使し、三商ルールに適応した柔道スタイルを身につけていきたいところです。

萩は板羽主将や鈴木を相手にしても自分のペースを崩さずに分けることができました。逆に必死で分けにくる相手に対し、うまく対応できるかが今後の課題といえるでしょう。
 

全体として夏の練習や東北大合宿を越え、心・技・体ともに充実してきているようです。特に一年生は非常に熱心に練習に取り組んでいることもあって、著しい成長を見せています。

しかしながら先週の土曜日に野瀬先輩(H18)が仰られたように、一年生が成長しているからといってそれに甘んずることなく、三商では一年生に一切頼らず、二・三年生だけで勝負を決めてくる覚悟で臨まなければならないでしょう。
 
三商まで残り一ヶ月、限られた時間の中で悔いのないように練習に励んでまいりたいと思います!
 
三年 田中
関連記事
スポンサーサイト

| 日誌 | 23:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/803-93cff8b3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT