一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2013/11/08(金)三商合宿③四日目

第三次三商合宿、4日目。

連日の追い込みで疲労も蓄積してくる時期ですが、朝は谷保ランで気合を入れ直し、寝技の稽古が始まります。

亀立ちには私、板羽が立ちました。
自身の感想といたしましては、明確なテーマを持って臨むことができたのが良かった点の一つです。

実際の試合では、寝技は展開がないと「待て」がかかり、中断されます。寝技になったらまずはこの一年間磨いてきた得意技で攻め、それでもうまく取れなければ、そのまま漫然と攻め続けるのではなく、相手の守り方に応じた攻め方を試みることで、さらに寝技で取れる確率が上がることでしょう。

試合の組み立ては、取り・分け共通の課題です。寝技をうまく活用し、優位に試合を進めることができるよう、しっかり頭を使っていきましょう!!


午後の稽古では、チーハオ田澤が基立ちに名乗り出ました。

合宿を重ねるごとに基立ちに立つ者の意識も高まっておりますが、それにあたりに行く側も明確なコンセプトを持って闘えるようになってきました。あたりに行く側、即ち体力的にアドバンテージのある者が、如何にして基立ちを苦しめるかが、この稽古の肝心要です。お互いに苦しめあい、体力・精神力共に追い込んでまいりたいと思います!

乱取の後には足抜きの練習も行いました。
これまでの試合結果に鑑み、寝技において「あと一歩のところで取り切れない」という課題を克服するため、シチュエーションをある程度限定した練習を心掛けています。我々のkey competencyを効率よく試合で発揮することができるような稽古を意識して、残りの2週間あまりを使っていきたいと思います。

明日はいよいよ三商合宿最終日です。
気持ちよく合宿を終えられるよう、全力を出し切る稽古を行っていきましょう!!

主将 板羽
関連記事
スポンサーサイト

| 日誌 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/820-f00abe4a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT