一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2014/01/13(月)寒稽古①

寒稽古初日である本日は、野瀬先生、野瀬先生の奥様、山口先輩(S58)、金子先輩(H16)に御来場いただきました。
朝早くからお越しくださりありがとうございました!
 
柔道部の古き良き伝統の1つである寒稽古。
まずは柔道衣を身に纏い、谷保天満宮までランニング。菅原道真公に一橋大学受験生の健闘を祈ります。
御存じの通り、本学は商、経、法、社、の5学部、社会科学の総合大学ですが、5学部のうち特に柔道部を志望してくれている皆さんの合格を、体中から湯気を立てながら全力で祈願してまいりました。
(もちろん入学後も「転学部」が可能です!)

140113 (1)

140113 (2)

 
道場へ戻った後は寝技の稽古を行いました。
低温下の畳はとても冷たく、いつもは元気よく跳ねているエビですが、今日は冷凍エビになっているものも・・・。


野瀬先生「この3カ月の過ごし方で三商で優勝できるかどうかが決まる」とおっしゃっておりましたが、冬オフ中に基礎体力の強化はもちろん、基礎・基本のbrush upを行って参りたいと思います!
 
講習では、寝技における腕の縛り方、十字固めの足のロックの強化法、巴十字の入り方などについてお話しいただきました。

野瀬先生曰く“抑えきる経験を積んでいくうちに「抑え込む力」が鍛えられる。まず、「抑えきること」が重要”とのことですが、確かに去年を振り返ってみても抑え込みで決まった試合は少なく、まだまだ我々の寝技の技術は未熟と言わざるをえません。

一日でも早く実践に耐えうる技術へと昇華すべく、地道な反復と併せて、反復した技を乱取で積極的に使って「取りにいく」ことを心掛けて参りたいと思います!

また、練習後には野瀬先生から多大なるご厚志を賜りました。ありがとうございました!


さて、初日の稽古では、
「今年の寒さはまだまだだな。」
「明日は水かぶってから走るか。」

などという声が上がっていました。
明日の方が寒いという情報もありますが、この勢い、熱さをもって、残り3日間も「余裕で」楽しく駆け抜けましょう!
 
また、最後になりましたが、受験生の皆さんはセンター試験を今週末に控え、第一関門の最後の詰めにさしかかっているのではないでしょうか。
体調管理をしっかりし、たまに柔道部のブログを読んで息抜きをしてもらえればと思います。

柔道がある日突然強くなったり、弱くなったりしないように、勉強も突然実力が大きく変わることはありません。
日々の努力に良い意味で自信を持って、万全の状態で本番に臨めるよう頑張ってください!

柔道部員一同、皆さんのご健闘を強く、強く祈念しております!

140113 (3)

140113 (4)


主将 板羽
関連記事
スポンサーサイト

| 日誌 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/850-12299d2e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT