一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2014/04/01(火)

さて、今日から新年度が始まりました。
日本の各所で新人たちによって、新たな世界への扉が叩かれていることでしょう!

ちなみに柔道部における上位GPAホルダーの私が日々の視聴日課にしている
『ワールドビジネスサテライト』(テレビ東京局系・平日・午後11時~)
では、昨日早くも新キャスターの大江アナウンサーが挨拶をしていました。
視聴者としては、番組全体が若返ったような気がして、活気を感じました。

多分に漏れず、一橋大学柔道部でも新人を絶賛募集中です。
大江キャスターのように活気をもたらしてくれる新人も
一橋大学柔道部の100年を超える歴史を堪能したいという新人も
ともに大歓迎いたします。
ブログをチェックしている新入生諸子は、ぜひ明日にでも道場に足を運んでください。

さて、大学通りの桜も咲き、ようやく春になったとしみじみ感じます。
春といえばやはり新歓です。

今日は、まず全体ガイダンスを終えた新入生と一緒に昼飯を食べに行きました。
英語プレイスメントテストを控え、あまり時間が無いのにも関わらず15人もの新入生が集まり、
大学生活や授業のことそして柔道について楽しく話をしました。

英語プレイスメントテスト後には、昼飯にもきてくれた松重君と内田君に加え、
韓国からの留学生のジョンさんとともにテキサスに行き、夕飯を食べました。

201441.jpg

※一橋大学柔道部では、1年生の食事は先輩が御馳走することになっています。
 都会でのさみしい一人暮らしでロクなものも食べられず、身体によくないだろうという
 後輩想いの諸先輩方の気持ちの現れです。


皆、サークル紹介や今回のイベントを通じ、柔道に少なからず興味をもってくれたようです。
ぜひ3日にある柔道体験会に来ていただき、柔道の面白さを肌で感じてもらいたいと思います。


今日は一つ悲しいお知らせがあります。
チーハオ先輩が国の要請により、シンガポールへ明後日、帰国することになりました。
自分にとっては二年間ともに柔道で頑張ってきた先輩がいなくなり、
そして今年も去年と同じメンバーで三商の畳にのぼることができないと考えると非常に残念です。
しかし、暗い顔をして、チーハオ先輩を見送ることは一橋柔道部としてふさわしくはありません。
サニーさんのようにまたいつか必ず会うことができるはずです。

シンガポールの地で国を背負っていくチーハオ先輩と再会した時に恥ずかしくないように我々も日本社会の将来に資する有為な人材となるべく、道場で鍛錬に励みたいと思います。

シンガポールと言えば、リー・クアンユー(李光耀)元首相の以下の記事が各所で話題となっています。
日本はなぜ凡庸な国に変わったのか?
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=85755

確かに日本は人口減少社会となっていきますが、悲観的になるだけでは能がありません。
我々がこれからの日本を創っていくのだという自覚をもって、
日本社会の問題を「背負い投げ」していくぐらいの気概が必要だと思います。
柔道部員、意外と真面目に物事を考えております。
こんな柔道部員と話をしてみたいと思う新入生も顔を見せてくれるとうれしいです


新三年田澤
関連記事
スポンサーサイト

| 日誌 | 00:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/882-05fcd0b0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT