一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2014/04/05(土)



一昨日、昨日とじめじめとした天気が続きましたが、今日は快晴で絶好の柔道日和でした。また、今日の練習は中田コーチ、山口先輩(S58卒)に加えて神戸大学を今年卒業し、東京で就職された吉田さんにご来場いただきました。
吉田さんは寝技、立ち技ともに三商のルールを最大限活用したスタイルをとっており、我々も学ぶべき点が多いと感じました。

講習では、三商で使える技の中でも二つを紹介していただきました。
一つはとり役がなかなか仕留めきれない人を仕留めるためのフェイント技で、もう一つは分け役が相手に一本取られないようにし、時間を稼ぐための技でした。
この講習の内容からもわかるように、吉田さんは相手によって自分の柔道のスタイルを使い分け、わけ役にもとり役にもなれる非常に三商向きな柔道をされていました。おそらく、神戸大には吉田さんのような柔道スタイルをとっている人が多くいると思われます。実際、去年の三商戦でも神戸大はとり役の人がわけ役の技を使う、わけ役がとり役の技を使うという場面が多々見られました。相手によって自分の柔道のスタイルを変えるということは師範も埼玉大学に出稽古に行った際におっしゃられていたことです。自分たちもわけ役、とり役とで技の情報交換をもっと活発にして、お互いの技を知る必要があります。

吉田さん、ぜひまたお暇があれば有備館に遊びにいらしてください!三商の畳の上では敵同志でも、それ以外の場では同じ柔道を学ぶ者同士で有りますのでお互い練習を通し、切磋琢磨し合いましょう!!

新三年田澤
関連記事
スポンサーサイト

| 日誌 | 04:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/893-bcd11024

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT