一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2014/05/05(月)

今日は学芸大学の合同稽古に参加しました。
合同稽古には東京経済大、学習院大、工学院大、田無高校が参加しました。また中田コーチにご来場いただきました。
今日は多くの大学の柔道選手がいる出稽古であったので、自分は二つの考えをもってこの出稽古に参加しました。
まず幅広いレベルの選手がいる中で自分より少し強い相手にあたることを意識しました。やはり、強い相手とあたることで、組み手や技といった相手の強い所を学び、自分の力の底上げができます。

二つ目として様々なタイプの柔道がある中で自分の苦手とする自分より力が強く、大柄の相手に対して重点的にあたりに行くことを意識しました。いつも自分は大きい相手に無理やりな力勝負を挑んでしまい、投げられがちです。そこを組み手や相手を動かすことで、自分の技をかける隙をつくようにしました。
また練習後、皆で今日の乱取りをした中で感じたことを意識しつつ移動打ち込みをしました。コーチのおっしゃっていたことですが、このような機会の際に10分、20分でも乱取りの結果を振り返り練習することで自分の技をより高めることができるということです。これから、このような出稽古の機会があるときに実践していこうと思います。

東京都国公立大会では、まず間違いなく学芸大学にあたります。中田コーチのおっしゃられたように学芸大学は粒ぞろいです。技も力も切れる猛者が多いです。しかし、一橋大学の力も毎年上がっています。四年生の先輩方最後の東京都国公立で優勝できるよう頑張りたいと思います。

田澤
関連記事
スポンサーサイト

| 日誌 | 21:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/920-037c8ecf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT