一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2014/05/08(木)

ゴールデンウイークも終わり、本日は久々の有備館での稽古でした。また、バンブッシュ先輩(平成19年卒)が道場にお越しくださったほか、ラグビー部の熊谷君も先週に引き続き柔道部の練習に参加してくれました。

バンブッシュ先輩はモンゴルからの留学生として一橋に在学していた経歴をお持ちの方です。柔道は白帯から始めたとのことでしたが、そのことが信じられない位、寝技・立技ともに強く、自分も簡単に取られてしまいました。

今年の新入生は白帯から始めた者も多くいるので、2年後、3年後にはバンブッシュ先輩のように強くなって欲しいと思うとともに、自分も負けてはいられないと感じました。

練習後には、バンブッシュ先輩から、「強くなるためにはまず怪我をしないようにすることが大事」であるということを伺いました。特に1年生はまだ受身に不安があります。予定では今週中には部で購入した投げ込み用のマットが届くので、まずはマットに投げられることから始め、慣れてもらおうと思います。投げられることに対し恐怖心があると、逆に投げられた際に怪我をしやすくなりますし、技術の上達という面から見ても、立技において姿勢が悪くなってしまうなどのデメリットが生じてしまいます。

上級生も確認を行いつつ、新入生にはしっかりと基礎を教えていく所存です。来週には新歓合宿もありますので、新入生にはここで柔道の土台をしっかり築いてもらいます。教わる側はもちろん、教える側にも基礎確認の重要な時期だと思うので、部員一同頑張っていきましょう!

青木
関連記事
スポンサーサイト

| 日誌 | 16:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/923-6e17db3c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT