一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2014/06/13(金)

金曜日の稽古には野瀬師範と埼玉大学の熊沢先輩にご来場いただきました。
雨が続いておりお足元の悪い中にもかかわらず、ご足労いただきまして誠にありがとうございます!

最近は怪我人が続出していることもあって乱取りなどに参加できる人数は少なかったですが、
集中した稽古ができたように思います。

乱取り後には野瀬先生からお話をしていただきました。

1つは怪我人が多いことに関連して、自分の怪我の原因と治療法を知っておくことについてお話をしていただきました。
怪我に限らずあらゆる問題に通底することでもございますが、なぜその問題が生じているのか、その原因を知らなければ問題を克服することはできません。そのため怪我に関していえば信頼のおける医者に診察してもらい、自分でできる治療法を実践することを通じて建設的に怪我を克服していかなければならないということを野瀬先生から教えていただきました。

2つめは柔道のモラルを守ることに関してお話をしていただきました。
たとえば試合場では道着を脱いで裸にならないということや、裸足で外に出たりしないこと、タオルをくびにかけたりしないことなどは柔道における最低限のモラルであり必ず守らなければなりません。国際柔道連盟試合審判規定が頻繁に改正されて、柔道はますますスポーツとしての競技性が重視される傾向にありますが、どれだけルールが変わっても柔道のコアにある「礼」の精神は変えてはなりません。そのためにも普段から柔道のモラルに気を付けて行動しなければならないように思います。

3つめは技術的な点についてご指導を賜りました。
寝技では相手が正対の時の攻め方と守り方について、そして立ち技では相手の動きに合わせて大内刈りをかける方法についてご教授いただきました。野瀬先生から本日ご教授いただいた技術は特に基礎を固めている最中の一年生にとって非常にためになったようで、丁は思わず「有益だ」と言っておりました。

練習後には先週に引き続き来てくれた未入部の三浦君から入部確率60%の宣言を頂きました!
徐々に入部確立を上げてきてくれているので、4週間後には100%になっていることを期待したいところです。

梅雨で空が暗いと気分も暗くなってしまいがちではございますが、
7月の全国国立に向けて健康管理を万全にし、稽古に精進してまいります!

田中
関連記事
スポンサーサイト

| 日誌 | 15:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/954-3b5e2ec8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT