一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2014/07/03(木)

今日も湿度が高くじめじめとした天気で、途中気が遠くなるような感覚もするほどでしたが、集中して稽古に取り組みました。

最近は寝技の返し反復の他に、組み際の投げ込みも毎日行っています。組み際の技は相手が「まだ技が来ないだろう」と油断している時に特に有効です。そのため投げる方はスピードと離れた距離からでも技に入れることが重要で、試合で使えるように反復して精度を高めることが重要です。逆に受ける側は組み際でいきなり相手が技に入ってくるということを想定し、油断しないことが重要です。

新ルールでは待てがかかったあと、開始線に戻らなくても両者互角の態勢なら審判が始めを宣言できるというルールが追加されました。これによって試合がよりスピーディーになり、始めの宣言のあと相手の気持ちがまだ整っておらず、そこで技に入れるチャンスができるという状況も増えると思われます。コーチがいつもおっしゃる「先に技をかける」という気持ちも今まで以上に意識して、試合に臨みたいと思います。

丸山
関連記事
スポンサーサイト

| 日誌 | 12:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/973-ca61577f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT