一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2014/07/06(日) 全国国立大学柔道優勝大会

去る7月6日(日)に講道館にて行われた全国国立大会の結果をご報告致します。
夏シーズン最後の試合となる今大会に、皆気合いを入れて臨みました。

野瀬師範の御高話を聞きつつも、これから始まる闘いを前に闘志盛んにした一橋大学柔道部
予選リーグの突破を目指します。

140706全国国立 (1)開会式.jpg

予選リーグ第一試合 vs岡山大学

先鋒から、高橋、鈴木、熊谷、板羽、青木、田澤、萩のオーダーで挑みました。

攻め続けて良い試合を展開した者もおりましたが、結果は2-3の惜敗。組んでから思うように動けない選手もおり、取るべきところが取れず、分けるべきところが分けられなかった結果が表れてしまいました。

先鋒 高橋〇 (逆一本) 大道
組手で圧倒し、内股、逆一本と技も冴えていた。決めきれなかったものの、逆一本で有効を奪った。

次鋒 鈴木 - 矢内
堅実な組手、試合運びをする相手に対し、終始優位に立ちながらも攻めきれず。惜しくもポイントを取ることはできなかった。

五将 熊谷 (支釣込、横四方) 水田〇
入部して初の試合に臨んだ熊谷。ブランクを感じさせない良い動きを見せるが、体格差で圧倒する相手に苦戦。奥をもたれ、そのまま引き倒される形で横四方固を決められてしまった。

中堅 板羽 (小外、引込返) 奥田〇
奥を取られてからは防戦気味に。巴投や引込から寝技につなごうとするが、少し技が単調になってしまった。

三将 青木 (内股) 笹井〇
互いに引き手をとれず、攻めきれない時間が続いた。逆一本で有効を奪ったものの、その後鮮やかに内股を決められてしまった。

副将 田澤〇 (払腰) 山田
試合前、緊張していた様子だったものの、開始してからは冷静な試合運びだった。組手を制し、相手をひきつけてから、得意の払巻込を決めた。

140706全国国立 (2)vs岡山~田澤・寝技で攻める.jpg

大将 萩 - 齋藤
引分けを狙っていた相手に対して、常に優位に立ちながらも攻め切ることができなかった。

予選リーグ第二試合 vs群馬大学

岡山大学が群馬大学に2-5で敗けたため、この時点で三すくみとなる可能性が浮上。勝ち数および内容差によっては決勝トーナメント出場も不可能ではなかったため、皆気合いを入れなおして試合に臨みました。

結果は4-2で勝利。第一試合での反省点を踏まえ、各々の長所が表れた良い試合が多く見られました。

先鋒 高橋〇 (反則勝) 小澤
お互いに引き手が取れず苦しい展開に。途中、相手の仕掛けた内股が頭から突っ込み危険と判定。反則勝ちながら貴重なポイントを奪った。

次鋒 熊谷〇 (袖釣) 佐々木
前試合のリベンジに燃える熊谷。タイミング良く合わせてくる返し技に苦戦しながらも、根気よく仕掛けた袖釣り込み腰がきれいに決まり、技有りを奪った。

140706全国国立 (3)vs群馬~熊谷・中学以来の試合.jpg

140706全国国立 (4)vs群馬~熊谷・見事な袖釣込腰.jpg


五将 鈴木〇 (横四方) 大本
組手を制し、常に良い展開で試合を進めた。内股から寝技に持ち込んだ後は、冷静に横四方固を決めた。

140706全国国立 (5)vs群馬~鈴木・関節を極めつつ抑込.jpg


中堅 青木 (内股、横四方) 松倉〇
背が高く体格差もある相手に終始苦戦した。突っ張りたい釣り手も引き寄せられてしまい、うまく機能させることができなかった。

三将 板羽 - 稲川
先の試合の反省を活かし、多様な技で相手を追い詰めていった。十字固が決まりそうな惜しい場面も見受けられた。

140706全国国立 (6)vs群馬~板羽・極めきれない十字.jpg

副将 田澤 (払腰返) 志賀〇
途中、両襟をつかんで無理に払腰にいったところをきれいに合わされて一本負け。そこまでは攻め続けていた良い試合運びだっただけに、悔やまれる結果となった。

大将 萩〇 (体落) イマイ
やや荒削りな技を仕掛ける相手に、終始冷静に対処していた。得意の体落がうまく決まり、相手はきれいに宙を舞った。

140706全国国立 (7)vs群馬~萩・体落とし.jpg

一橋大の属するリーグは各校が1勝1敗と、予選リーグのなかでも稀にみる大混戦となりました。しかし最終的には勝ち数での差で決着。群馬大学にわずか一勝及ばず、残念ながら予選リーグ敗退となりました。

試合後には、野瀬師範、中田コーチ、上田監督、熊澤先輩、寺田先輩より試合結果について、また技術面について、コメントを頂きました。とくに、第一試合では技術面に限らず精神面でも問題があったこと、第二試合のような勢いを初戦から出していくこと、といったご指摘を頂きました。

また、本日の試合には、山口先輩(S58卒)もお越しくださり、ご声援を賜りました。先生方、先輩方、本当にありがとうございました!

今大会の終了をもって夏オフに入りますが、体力、筋力作りを継続して行い、各自ができることをしっかりとこなしていきたいと思います!夏オフが終われば、後は三商大戦に向けて一直線です。終わった後には一切の後悔もないような努力を、チーム一丸となって続けてまいります!

今後ともご指導、ご支援のほど、どうぞよろしくお願い致します!
関連記事
スポンサーサイト

| 戦績 | 23:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/977-ee0adfb3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT